【速報】エアビーアンドビー、違法民泊施設の非掲載を表明

  • 2018年3月14日

来日したクリストファー・レへイン氏

 エアビーアンドビー(Airbnb)は14日、6月15日から施行される民泊新法(住宅宿泊事業法)及び全国の自治体が定める条例を順守し、同日以降は「違法民泊施設は掲載しない」と明言した。日本の法令を順守する姿勢を初めて公の場で表明した。

 新法の施行に先立って住宅宿泊事業者の届け出、住宅宿泊管理業者と住宅宿泊仲介業者の登録が、明日3月15日から始まる。住宅宿泊事業者の届け出先は各都道府県、住宅宿泊管理業者の登録先は国土交通省、住宅宿泊仲介業者の登録先は観光庁となっている。

 エアビーは、契約施設(住宅宿泊事業者)が使用する管理画面にあたる「ホスティングダッシュボード」に、民泊施設の「届出番号」または「ホスティングを行うための許認可等」を入力する項目を新たに設置。6月15日までにこれらが確認できない場合は、サイトに非掲載にする。

 また、民泊施設の写真、概要などを利用者に向けて表示する「リスティングページ」に6月15日から、届出番号、旅館業の営業許可、その他許認可等を表示させる。

 Airbnb Inc.グローバル政策担当最高責任者のクリストファー・レヘイン(Christopher Lehane)氏(=写真中央)が来日し、Airbnb Japan の田邉泰之社長(=写真左)、同・公共政策本部本部長の山本美香氏(=写真右)と都内で記者会見を開き、明らかにした。

 現在、日本国内の物件は約6万2千軒登録されているが、「違法民泊施設の物件数は把握できていない」(田邉社長)という。違法民泊物件をサイト上で非表示にすることにより、6月15日以降、露出施設数の大幅な減少が予測されるが、田邉社長は、想定される掲載施設数について「現段階では予測ができない」と述べた。

 6月15日以降の滞在予約が入ってしまっている違法民泊施設の取り扱いについて、山本部長は「具体的にどのような対応をとるかはまだ未定」とコメントした。

 “ヤミ民泊”と呼ばれる違法民泊施設では、猟奇的な殺人事件が連続して発生するなど、社会不安が広がっていた。

 これまで強気一辺倒だった同社だが、タイミング的にも真摯な対応を余儀なくされた格好だ。レヘイン氏は15日、住宅宿泊仲介業者の登録申請のため観光庁を訪れる。

関連する記事

プリンセス・クルーズ は12日、スペシャルゲストに浅野ゆう子さんを迎え、2019年日本発着クルーズ商品発表会を開いた。 プリンセス・クルーズは、2018年4月12日(木)…

続きを読む

総取扱額は3.2%増加国内旅行0.3%の減少 観光庁が4日に発表した主要旅行業50社の1月の旅行取り扱い状況(速報)は、総取扱額が前年同月比3・2%増の3762億891…

続きを読む

イタリア客船MSCスプレンディダチャータークルーズ で、桂文枝師匠が船上落語を披露する。 クルーズ専門旅行会社、株式会社クルーズプラネット(本社:東京都渋谷区、代表取締役…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?