【観国之光 363】食団連 業界の地位向上に力を 本社論説委員 内井高弘

  • 2022年3月7日

飲食店もコロナ禍の影響を大きく受けている(写真と本文は関係ありません)

 観光業界と同様、コロナ禍で大きなダメージを受けているのが飲食業界だ。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が出されるたびに対応を余儀なくされ、安定した経営ができないとして要請に従わない店もある。

 こうした中、「飲食店がオールジャパンで声を集め、声を上げるプラットフォームが必要だ」として、昨年12月に新たな団体「一般社団法人日本飲食団体連合会(食団連)」が設立された。

 食団連は「日本の食文化を未来につなげるとともに、食産業の発展、食に関する従事者の社会的地位向上に寄与する」ことを目的に掲げている。約20の団体が加盟し、賛同を表明した団体も加えると、その数は40ほどになるという。

 会長は服部幸應(全国調理師養成施設協会)、副会長は村田吉弘(全日本・食学会)と佐藤裕久(日本ファインダイニング協会)、山下春幸(日本飲食未来の会)、専務理事は二之湯武史(食文化ルネサンス)と秋元巳智雄(日本ファインダイニング協会)、事務局長は高橋英樹(日本飲食業経営審議会)―の各氏。

ペイウォール会員向け記事です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram