【観光DX特集】タップのエリアPMS

  • 2022年8月23日

「アコモド」のロゴ

「宿泊・観光DX事業」推進

 ホテル・旅館専門の総合エンジニアリング会社のタップは、「宿泊・観光DX事業部」を4月に立ち上げた。コロナ禍で社会が大きく変わり、デジタル化が急速に進む中、宿泊業の生産性向上と顧客体験価値(CX)向上のための「ホテルDX」推進と、地方創生・地域活性化に寄与する「地域観光DX」推進に取り組む。

 パナソニック、日立、三菱電機、ソニー、ソフトバンク、LINE、ジョルダンなどのテクノロジー企業と連携。IoT、ロボティクス、AIなどのデジタル技術を宿泊施設と観光地域の「安心・安全・清潔・エコ・コンビニエンス」に生かしていく。

 山陰地方の温泉地で地域観光DXの第1弾に着手。約40軒の旅館ホテルのPMS(ホテルシステム)を接続し、地域DMOで全体の予約動向や収益予測などを把握し、マーケティングに生かす「エリアPMS」を構築中だ。8月以降の稼働を予定している。

 エリアPMSには、タップ以外のシステムベンダーが提供するPMSも接続。PMS未導入だった施設には、同社の小規模宿泊施設向けシステム「accommod(アコモド)」を導入した。廉価版システムだが基本性能はタップシステムと変わらない。

 タップシステムの導入施設は、帝国ホテル、アパホテル、星野リゾートなどホテルが中心だが、銀水荘などの旅館ユーザーもいる。アコモドは特に旅館ユーザーに向けて改修中で、こちらも8月以降の完成を予定している。旅館が使いやすく、安価で高性能なPMSとして、地域観光DXの横展開に活用していく。

「アコモド」のロゴ

スマートPMS®︎「tapAppli」|システムとサービス|株式会社タップ


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram