【竹内美樹の口福のおすそわけ 216】ハワイ・リージョナル・キュイジーヌ その2 竹内美樹

  • 2018年3月8日

ショートリブ

 前号で、「ハワイ・リージョナル・キュイジーヌ」の巨匠、ロイ・ヤマグチ氏とそのお料理についてご紹介した。ビーチハウスでのランチだったが、枝豆の味付けに七味唐辛子を使うなど、日本で生まれ育った彼ならではのテイストを味わうことができた。

 もう1人の巨匠の店「アラン・ウォンズ・ホノルル」では、5皿で構成されたテイスティング・メニューをマッチング・ワインと共に堪能させていただいた。

 まずは、同氏みずからが一番人気のメニューだと胸を張る「スープ&サンドイッチ」。サンドイッチが1品目だなんて…? と思ってしまうが、提供されたのは予想をはるかに超える前菜であった。冷たいトマトスープが入ったカクテルグラスに、薄く焼いたグリルドチーズがふたのように載せられ、その上に小さなサンドイッチが。中身は、フォアグラとカルア・ピッグだ。

 カルア・ピッグというのは、昔から宴席で食されてきたハワイの伝統料理で、地面に掘った穴に焼いた溶岩などを入れ、バナナの葉で包んだ豚を蒸し焼きにしたもの。本来豚を丸ごと1頭使ったが、イマドキは家庭でもブロック肉をオーブンで調理するそう。
 割いたカルア・ピッグとフォアグラの濃厚さがベストマッチ。パリパリのチーズとの食感の差が絶妙。スープはピリ辛でインパクトが強い。これからのお料理に期待ができる一皿。

 ガーリック・トマトソースが美味な、ハワイ島ケアホレ産ロブスターと海老のラザニアを挟んで、やはり看板メニューのお魚料理「ジンジャー・クラステッド・オナガ」。ショウガの衣をまとった尾長鯛とでも言おうか。黒ゴマがちりばめられた、味噌とゴマの白いソースが敷かれ、鯛の切り身の上にはショウガとネギのみじん切り、その上に黄色い花弁(はなびら)のようなものが飾ってあった。これは何なのかと尋ねると、コーンの花だと言う。トウモロコシって、お花あったっけ? と思いつつ、帰国後に調べてみたら、確かに雄花と雌花が存在した。一番下にはキノコとNozawa Farmというカフクにある農場のトウモロコシ。酸味と甘みのある繊細かつ上品なソースの味が、さすが天才シェフと言わしめる逸品だ。

 メインのショートリブは、おしょうゆで蒸し煮にした後にグリルしたもの。ショートリブのほぐし身入りコロッケとコチュジャン・ソースが添えてある。2度火を通してあるから、ショートリブはホロホロに軟らかく、パンチの効いたソースと口に運べば至福の時。お茶碗に盛られた白飯も運ばれて来たが、確かにごはんに合う味だからうれしい。

 ハワイの先住民族は「アフプアア」と呼ばれる共同体で、自給自足の生活をしていたという。地元食材を使用することで生産者をサポートし、そんな持続可能な未来を築きたいという同氏。ハワイの料理界のために後進の育成にも力を入れているそうだ。素晴らしいシェフが日本人のDNAを持っていることに、誇りを感じた筆者である。

※宿泊料飲施設ジャーナリスト。数多くの取材経験を生かし、旅館・ホテル、レストランのプロデュースやメニュー開発、ホスピタリティ研修なども手掛ける。


スープ&サンドイッチ


ロブスターと海老のラザニア


ジンジャー・クラステッド・オナガ


ショートリブ

関連する記事

10月26日、主要20カ国・地域(G20)の観光大臣が北海道倶知安町に集まり、観光産業の持続的な成長に向け話し合った。その成果をまとめた宣言も採択され、無事閉会した。 …

続きを読む

前回に引き続き、すぐに効果が出る経費削減のコツを勘定科目ごとに紹介しよう。好況に見える観光業界であるが、政情不安や災害の影響を受けやすいというリスクを軽視してはいけない。…

続きを読む

北方四島の日ロ共同経済活動の試験事業として「日本人向け観光ツアー」が10月末~11月、初めて実施された。日本人が観光目的で公式に北方領土を訪れるのは戦後初。一行44人は1…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube