【竹内美樹の口福のおすそわけ 216】ハワイ・リージョナル・キュイジーヌ その2 竹内美樹

  • 2018年3月8日

ショートリブ

 前号で、「ハワイ・リージョナル・キュイジーヌ」の巨匠、ロイ・ヤマグチ氏とそのお料理についてご紹介した。ビーチハウスでのランチだったが、枝豆の味付けに七味唐辛子を使うなど、日本で生まれ育った彼ならではのテイストを味わうことができた。

 もう1人の巨匠の店「アラン・ウォンズ・ホノルル」では、5皿で構成されたテイスティング・メニューをマッチング・ワインと共に堪能させていただいた。

 まずは、同氏みずからが一番人気のメニューだと胸を張る「スープ&サンドイッチ」。サンドイッチが1品目だなんて…? と思ってしまうが、提供されたのは予想をはるかに超える前菜であった。冷たいトマトスープが入ったカクテルグラスに、薄く焼いたグリルドチーズがふたのように載せられ、その上に小さなサンドイッチが。中身は、フォアグラとカルア・ピッグだ。

 カルア・ピッグというのは、昔から宴席で食されてきたハワイの伝統料理で、地面に掘った穴に焼いた溶岩などを入れ、バナナの葉で包んだ豚を蒸し焼きにしたもの。本来豚を丸ごと1頭使ったが、イマドキは家庭でもブロック肉をオーブンで調理するそう。
 割いたカルア・ピッグとフォアグラの濃厚さがベストマッチ。パリパリのチーズとの食感の差が絶妙。スープはピリ辛でインパクトが強い。これからのお料理に期待ができる一皿。

 ガーリック・トマトソースが美味な、ハワイ島ケアホレ産ロブスターと海老のラザニアを挟んで、やはり看板メニューのお魚料理「ジンジャー・クラステッド・オナガ」。ショウガの衣をまとった尾長鯛とでも言おうか。黒ゴマがちりばめられた、味噌とゴマの白いソースが敷かれ、鯛の切り身の上にはショウガとネギのみじん切り、その上に黄色い花弁(はなびら)のようなものが飾ってあった。これは何なのかと尋ねると、コーンの花だと言う。トウモロコシって、お花あったっけ? と思いつつ、帰国後に調べてみたら、確かに雄花と雌花が存在した。一番下にはキノコとNozawa Farmというカフクにある農場のトウモロコシ。酸味と甘みのある繊細かつ上品なソースの味が、さすが天才シェフと言わしめる逸品だ。

 メインのショートリブは、おしょうゆで蒸し煮にした後にグリルしたもの。ショートリブのほぐし身入りコロッケとコチュジャン・ソースが添えてある。2度火を通してあるから、ショートリブはホロホロに軟らかく、パンチの効いたソースと口に運べば至福の時。お茶碗に盛られた白飯も運ばれて来たが、確かにごはんに合う味だからうれしい。

 ハワイの先住民族は「アフプアア」と呼ばれる共同体で、自給自足の生活をしていたという。地元食材を使用することで生産者をサポートし、そんな持続可能な未来を築きたいという同氏。ハワイの料理界のために後進の育成にも力を入れているそうだ。素晴らしいシェフが日本人のDNAを持っていることに、誇りを感じた筆者である。

※宿泊料飲施設ジャーナリスト。数多くの取材経験を生かし、旅館・ホテル、レストランのプロデュースやメニュー開発、ホスピタリティ研修なども手掛ける。


スープ&サンドイッチ


ロブスターと海老のラザニア


ジンジャー・クラステッド・オナガ


ショートリブ

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram