【特集】山形で「国連世界観光会議」 UNWTO・観光庁・山形県などが主催

  • 2018年3月12日

 2月2日に山形市内で開催されたUNWTO「雪と文化の世界観光会議」。雪を観光資源として活用する「スノーカルチャーツーリズム」をテーマとし、雪国文化の魅力発信・インバウンド旅行客のさらなる拡大を目的として開催された。今回は会議の様子とともに、多様な雪国文化や食文化を持った山形県の魅力・観光スポットを紹介する。

雪を活用した観光の可能性を探る

 国連世界観光機関(UNWTO)と観光庁、山形県などが主催する「雪と文化の世界観光会議」が2月2日、山形市内の山形国際交流プラザで開かれた。会議には、約30の国・地域から観光関係者ら約300人が参加。観光資源としての雪を活用した商品の持続可能性と多様化について意見交換が行われた。同会議の開催は国内5カ所目で東北初の開催。

 国連世界観光機関のタレブ・リファイ前事務局長が基調講演。リファイ氏は「観光は社会的にも経済的にもこの国の重要な柱となってきている。観光商品の多様化を図るとともに、この会議が観光がすべての人々のため、社会のためであることを示す良い機会となることを期待する」とあいさつした。

 3部からなるセッション1部では、「スノーカルチャーツーリズム・その現状と可能性」について、スイスのトビアス・ルーテ・クール大学教授が家族連れでにぎわうイタリアのスノーリゾート地を紹介。小さな地方にこそ可能性があると強調した。

 2部では、「アジア・日本におけるスノーデスティネーションの展開」について、佐藤信幸・日本の宿古窯会長が、山形新幹線と2次交通の現状、東日本大震災時における旅館の被災者受け入れ事例を説明した。

 3部では、「新たな可能性の発見」をテーマに、井口智裕・雪国観光圏代表理事が新潟県湯沢町の雪を活用したスキーに代わる新たなツーリズムの必要性を訴えた。

 セッションでは12人の発表者らが事例を紹介した。

 パネル討論では、リファイ氏を交え、日本の観光組織のトップらが、本保芳明・UNWTO駐日事務所代表の司会によりスノーツーリズムについて総括を行った。

 瓦林康人・観光庁審議官は、目指す方向性としてイノベーション(資源の活用法)、レジリエンス(回復力・復興)、サステナビリティー(持続可能性)の三つを挙げ、「スノーツーリズムの多様化・多角化、ブランド化を図り、商品企画を推進すべき」と指摘した。

 松山良一・日本政府観光局理事長は「雪は非日常そのもので観光の大きなコンテンツ。インバウンドのニーズは変化している。素材としての雪は存在するが活用しきれていない。観光庁とも協力し、東北の復興に力を入れていきたい」と話した。

 久保成人・日本観光振興協会理事長は「日本の文学は自然と共に育まれてきた。観光戦略ではあるが、雪をテーマに詠った文学(和歌・俳句)の力も取り込んで行動に移すことから新たな道が生まれる」と語った。

 田川博己・日本旅行業協会会長は「旅行業界の立場では、一過性では困る。持続可能な取り組みが求められ。さらに、コンテンツにシナリオがないと商品化は難しい。雪国文化と旅館の女将文化を融合していくことで多様化が進むのではないか」と言及した。

 清野智・東北観光推進機構会長は「東北の復興のシナリオづくりに自治体・観光協会などと一緒に取り組んできたが、東北への入り込み回復はまだ途上にある。新緑や紅葉狩りに集中し、冬の入り込みはまだ少ない。4月や10月程度までに伸ばしていきたい」と目標を示した。

 吉村美栄子・山形県知事は「雪と共に生活し、食や文化を育み、雪を味方に観光振興に取り組んできた。今回の会議を契機に魅力ある地域づくりの推進、戦略的な誘客施策の展開、観光産業の振興による地域活性化、外国人の来訪促進と近隣県との連携の4本柱で観光立県を目指す」と強調した。

 3、4日には、国内外から約100社が参加しての商談会や、ナイトクルーザー号での蔵王の樹氷の見学、雪フェスティバルの視察を行った。

https://www.kankokeizai.com/image/2018pdf/20180310_06.pdf


関連キーワード

関連する記事

富山県は、「日本橋とやま館」で“富山の極上。” in 日本橋とやま館「とやまブランド」ウィークエンド体験を開催する。 富山県は、9月から11月にかけて月1回(週末)、首…

続きを読む

静岡県はこのほど、2017年度の観光交流客数を発表した。それによると、前年度比2.3%増の1億5648万人となり、5年連続で過去最高を記録。旅行消費額も同2.7%増の70…

続きを読む

和歌山県と県観光連盟は4日、東京都内で観光プロモーション説明会・交流会「和みわかやま東京レセプション2018」を開催した。旅行会社関係者、メディア関係者ら約250人が参…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!