【本だな】鉄道路線誕生秘話 日本列島に路線がどんどんできていた頃 米屋こうじ著

  • 2020年6月6日

 現代、多くの人にとって鉄道は、速さ、安さ、快適さを求められる、手軽な交通手段の一つ。だがかつて、鉄道の存在ははるかに大きなものだった。鉄道敷設には必ず理由があり、設立当初は少なくとも一つ以上の使命を帯びていた。

 米屋氏は、鉄道に生活感や歴史を求め、旅をしながら撮影を続けるカメラマン。人の手により受け継がれる鉄道遺産を取材した「ニッポン鉄道遺産」(交通新聞社・共著)など著書多数。

 同書は、沿線に残された鉄道遺産や郷土史を掘り起こし、鉄道が求められた理由を紹介。軍事演習用にできた新京成電鉄、石灰石運搬用にできたJR青梅線など、全21路線の歴史をひもとく。

 価格は900円(税別)。222ページ。問い合わせは、交通新聞社TEL03(6831)6622。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram