【本だな】「知る、わかる、みえる 美術検定4級問題 入門編:introduction」

  • 2021年7月14日

 美術出版社は12日、「知る、わかる、みえる 美術検定4級問題 入門編:introduction」を発売した。

美術出版社(東京都品川区)は、「アート思考」を身につけ、アートを「みる力」のステップアップを応援する「美術検定」の4級対策問題集を7⽉12⽇(月)より発売いたします。

『知る、わかる、みえる 美術検定4級問題 入門編:introduction』表紙『知る、わかる、みえる 美術検定4級問題 入門編:introduction』表紙

「美術検定」は、美術の知識と知⾒を⾼め「みる⼒」を養うプログラムとして、4級から1級までの4レベルを設けた検定試験です。

本書は、「美術検定」4級の試験対策公式問題集で、名作と言われる美術作品を楽しみながら知識を身に付けることができる、アートの歴史をはじめて学ぶ方向けに最適な一冊です。

中面より中面より

中面より中面より

中面より中面より

日本や西洋の代表的な美術作品をテーマごとに知ることができるだけでなく、ここをみると違いがわかるというようなポイントも織り込んでいます。また「実践!アートとHappyおつきあい術」のコーナーでは、楽しくアートを鑑賞する方法や美術館の活用術を、美術検定1級を取得したアートナビゲーターが紹介しています。
作家と作品を覚えたところで腕だめしをしてみたいという方のために、後半は「美術検定」4級の練習問題にチャレンジできるようになっています。
現在オンラインで通年実施の「美術検定」4級対策としても活用できます。

【書籍情報】
『知る、わかる、みえる 美術検定4級問題 入門編:introduction』
発行:カルチュア・コンビニエンス・クラブ
発売:美術出版社
価格:1600円+税
発売日:2021年7月12日
仕様:128ページ、A5版
ISBN:978-4568240863
ご購入はこちら:https://www.amazon.co.jp/dp/4568240867/

【美術検定に関して】
美術作品を知り、作家やその時代・社会を知ることで、作品に関する知識を⾼めアートを「みる⼒」を養う、美術鑑賞のための検定試験。2020年よりオンラインにて実施。

詳細ページ:https://www.bijutsukentei.com/

各級の概要
・4級<アートを楽しむ>
⻄洋美術・⽇本美術の基礎知識として、代表的な作品や作家を知る。

・3級<アートの歴史を知る>
⻄洋美術・⽇本美術の基礎知識に加え、動向や形式など美術史に関わる概念を理解し、歴史的な流れを知る。

・2級<アートの知⾒を広げる>
美術に関する幅広い知識を持ち、美術史に関わる様々な概念を理解する。また美術鑑賞の場の役割や現状を理解する。

・1級 アートナビゲーター<アートを伝える>
美術に関する幅広い知識・情報をもとに、美術作品や美術をめぐる動向について⾃⾝で解釈・思考ができる。さらに他者に対し、より深い作品の理解へ導くための、具体的なナビゲート(道案内)の⽅法や⼿段を考えることができる。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram