【岐路 バスと観光新たな関係 81】高速バスと観光19 成定竜一

  • 2018年2月27日

 以前にも書いたが、「国際空港から観光地への直通高速バスが運行される」と聞くと、まるで、観光客で満員のバスが毎日やってくるような錯覚をする人がいる。だが、「観光客で満員」なのは貸し切りバスを使うバスツアーである。毎日安定して催行されるわけではない。一方の高速バスは原則として毎日、安定して運行されるが、常に満席とはいかない。

 都市間の高速バスであれば、「地元の人の都市への足」として安定した需要を見込めるため、短・中距離の昼行路線では、30分間隔など高頻度運行を行うことができる。

 それに対し、空港から観光地へ直行する高速バス路線を設定しても、1日に1~2便など限られた便数しか設定できず、利便性は低い。先週ご説明したように、1日に1~2便程度だと、航空機が遅延した際の乗り継ぎの不安も大きい。

 だからこそ、空港からの直行便を無理して作るよりも、国際空港最寄りの大都市と地元を結ぶ高速バス路線をより便利にする方が、現実的なのだ。

 例えば、FITに人気の高い「昇竜道フリーきっぷ」は、中部国際空港~名古屋~高山~白川郷~金沢・富山の区間を、高速バスや空港連絡バスを乗り継いで旅行するための、外国人向け企画乗車券である。海外の旅行会社で購入し引換証を渡された外国人旅行者は、中部空港に到着後、空港内の窓口でパスポート確認とともに本乗車券と引き換えを行う。

 その券を乗務員に提示すれば対象のバスに乗れるので、多くの旅行者は空港から名古屋市内まで空港連絡バスで移動し市内で宿泊する。翌日以降、高山への高速バスに乗車するのだが、この路線は予約座席指定制であり、満席のことが多い。そのため、同路線を運行する名鉄バスは、中部空港内で(乗車券の引き換えとは別の窓口になる点が惜しいが)翌日以降の名古屋~高山線の座席予約を行えるよう、空港内の窓口に高速バスの座席管理端末を設置した。1日1往復だけの使いづらい直通便を運行するより、よほど旅行者にニーズに合致した施策だといえる。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

遺構が世界遺産に登録されている那覇市の首里城の火災は正殿など7棟にも及んだ。私も数回訪ねており、衝撃と落胆に包まれている沖縄県民と同じ気持ちである。 歴史文化や観光とし…

続きを読む

「バス」というと、どのようなバスをイメージされるでしょうか。お客さまを乗せ、各バス停を巡回する…。当社調べでは、身近な交通手段ということもあってか、まず「路線バス」を思い…

続きを読む

通訳ガイド国家資格制度については、無資格でも有料の通訳案内をできるようにする改正通訳案内士法が 2018 年 1 月 4 日から施行され、「通訳案内士」の有資格者の業務独…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube