【体験型観光が日本を変える241】21年末の出来事にみる日本 藤澤安良

  • 2022年1月16日

 2021年は、新型コロナウイルスの感染者数が年末には少し落ち着いた。しかし、12月から世界的にはオミクロン株が増え続けており、12月20日、米国ではオミクロン株に置き換わっている割合が73.2%に達したと公表した。日本でも当面の間、空港検疫等の水際対策強化を継続するとしている。

 そんな中、年末年始の帰省や旅行での予約状況が19年には及ばないが、前年に比べてJR各社で1.8倍や航空各社1.4倍と大幅に増加している。お正月と2回のお盆に帰省できなかった人々には2年ぶりとなる。

 このまま感染者が増えず、無事に帰省や旅行が実現することを望みたい。

 さらには、このまま、感染者の抑え込みがうまくいけば、観光業界が待ち望んでいるGo To事業再開が実現する。しかし、国の補助金や交付金を巡っては虚偽申告による不正も少なからず発生した。

 システムはもちろん、そのような行為に及ばなければならない社会的な背景を探らなければ再発することになる。

 社会的背景といえば、19年7月、京都アニメーション第1スタジオ放火殺人事件は、社員36人が死亡、33人が重軽傷と過去に例を見ない大惨事となった。

 12月17日、どうやらその事件を模倣したとも言われている大阪ビル放火事件が起こり、25人の尊い命が犠牲になった。そんな大惨事になるような犯行を計画した容疑者の動機につながる社会的な境遇や、心理的な状況も解明され、このような事件の再発防止のために何が必要なのか考え、教育や社会の仕組みなど対応策が必要である。

 また12月21日、政府の中央防災会議の作業部会が北海道から東北地方にある日本海溝・千島海溝沿いでの、マグニチュード9クラスの地震が起きた場合の被害想定が発表された。冬の深夜の場合は東日本大震災の10倍を超える約20万人の死者が出るとし、防災対策を求めた。求めに応じて政策を推進してほしいものである。

 12月18日、宮城県と青森県とを結ぶ「三陸沿岸道路」が全ての区間で開通し、東日本大震災のあとに進められた総延長実に570キロに及ぶ復興道路と復興支援道路の整備事業は全て終了した。

 その次の日、実際に久慈市から八戸までレンタカーで走ってみたが、片側1車線区間が多いものの交通量からして渋滞はなく快適であった。海岸から少し離れており、標高も高く、津波の影響を受けないルートである。

 東北道から沿岸地域までも2時間程度かかっていたが格段に早まり、仙台から八戸まで縦にもつながり、通行料も無料で、三陸復興国立公園地域の観光地や、久慈市や田野畑村などの体験型観光を推進する地域にとっては、この道路の完成は大きな交流人口拡大の起爆剤になることは間違いない。

 しかし、それには自然体験、農林水産業体験や、田舎の現状を深く理解するSDGsプログラム整備、命を守る防災教育などの地域を訪れる目的提案が不可欠であり、それに向けて行動すべき時である。沿線地域の未来がかかっている。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram