【企業紹介特集】売電サービス JTBコミュニケーションデザイン

  • 2018年1月10日

地方創生・観光立国に貢献

 JTBコミュニケーションデザインは2017年5月から、地域の旅館・ホテルなど観光施設やレジャー施設など観光関連事業者を中心に電力供給を開始した。観光関連の事業者に電気料金削減を通して経営資源を確保してもらうとともに、電気料金の売り上げの一部を観光財源として地域の組織団体に還元することで、地方創生・観光立国の実現に貢献する。

 電気は貯めておくことが難しく、また需要がある以上、送電しなければならないため、時々刻々と変動する需要量に合わせて供給量を一致させ続ける必要がある。この需要と供給のバランスをとることを需給管理と言う。

 地域電力会社は全ての顧客を差別してはならないと電気事業法で定められているため、電気料金も統一されている。対して、新電力会社は顧客の利用状況に応じて電気料金を設定することが認められている。JTBコミュニケーションデザインでは、需給管理業務に長年携わってきた専門家を社内に配置し、独自のロジックで、最適な需給管理を行っている。

 工事費用や手続きに伴う費用は一切発生しない。面倒な手続きも要らず、書類手続きのみで契約の切り替えが可能だ。申し込みから切り替えまでの期間は2カ月半から3カ月程度かかる。

 まず中部エリアを起点として電力供給をスタート。すでに信州昼神温泉「昼神グランドホテル天心」や伊勢志摩「岩戸屋」をはじめ観光・宿泊・レジャー施設など観光関連事業者を中心に中部エリアで約70施設の導入実績がある。18年4月からは全国(沖縄除く)に電力供給を行っていく。

https://www.jtbcom.co.jp/service/socialsolution/electricity/


関連キーワード

関連する記事

観光経済新聞社は、第32回にっぽんの温泉100選・人気温泉旅館ホテル250選の投票受付を7月1日から始めました。

続きを読む

東京YMCA国際ホテル専門学校は、今年で創立83年を迎えた日本初のホテル専門学校だ。卒業生は総支配人からサービススタッフ、また旅館の後継者、経営者まで、あらゆる立場で活躍…

続きを読む

城西国際大学観光学部の開設は2006年。鴨川・小湊温泉などがある千葉県有数の観光地である鴨川市の安房キャンパスを拠点に、約300人の学生が学んでいる。 学生の約4割が外…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会