【データ】2018年度新潟県観光入込数調査

  • 2019年10月10日

入込客減少に歯止め

新潟県、18年観光客数は7500万人

 

 新潟県によると、2018(平成30)年の観光入込客数は前年比3.2%増の7482万8千人だった。16、17年と2年連続して減少していた入り込みにようやく歯止めがかかった。

 天候不順の影響で海水浴やスキーが伸び悩んだが、「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2018」などのイベントや「上越市立水族博物館『うみがたり』」のオープンが集客増につながった。

 うみがたりは昨年6月にリニューアルオープンした。マゼランペンギンの生息地を再現した「ペンギンランド」などが目玉で、今年8月11日には累計入館者100万人を達成するなど人気の施設となっている。

 地域別入り込みをみると、新潟市内で3年に一度開かれる「水と土の芸術祭」は71万7千人、十日町市と津南町で3年に一度開かれる「大地の芸術祭」には54万8千人が足を運んだ。

 目的別では、「スポーツ・レクリエーション」や「行祭事・イベント」の割合が全体の4割強を占めている。「一方、食への関心の高まりなどから、『都市型観光(食・買い物)の比率が高まっている』」(観光企画課)という。

拡大はこちらへ

関連する記事

トリップアドバイザーが10日発表した「日本の美術館・博物館ランキング2019」で、美術館の1位は「ポーラ美術館」、博物館の1位は「知覧特攻平和会館」となった。 口コミとラ…

続きを読む

滋賀県、浜松・浜名湖ツーリズムビューロー(静岡県)、茨城県は4日、琵琶湖、浜名湖、霞ケ浦の3湖でのサイクリングを紹介する「首都圏PRイベント」を東京・南青山のLIFEC…

続きを読む

ラプラス起用ファミリー層に訴求 宮城県は1日、観光キャンペーンを開始した。キャンペーンキャラクターに人気ゲーム「ポケットモンスター」に登場するのりものポケモン「ラプラス…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube