【データ】夏の家族旅行に関する調査 楽天LIFULL STAY調べ

  • 2022年6月12日

 楽天LIFULL STAYは1日、夏の家族旅行に関する調査の結果を発表した。 

 楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社(以下「楽天LIFULL STAY」)は、妊娠中や育児中のママ・パパを対象とした無料のメンバーシッププログラム「楽天ママ割」(注1)メンバーを対象に、夏の家族旅行に関するアンケート(注2)を実施し、1,000名から回答を得ました。
■今夏は家族旅行をしたいと約8割が回答
今年の夏は家族で旅行をしたいか聞いたところ、79.8%が「家族旅行をしたい」と回答し、家族旅行への意向が非常に高いことが分かりました。そのうち既に家族旅行の予定が決まっているとの回答は13.0%、予定は決まっていないとの回答が66.8%となりました。なお、昨年の夏は家族旅行をしたかどうか聞いたところ、「家族旅行をした」は21.1%に留まりました。
※今夏の家族旅行、昨夏の家族旅行いずれも帰省は除く

■居住地の近くが選ばれる傾向に
今年の夏の家族旅行ではどれくらい遠くに行きたいかを聞いたところ、「居住地と同じ地域ブロック」(36.0%)、「居住地の隣県」(25.4%)、「居住地と同じ都道府県内」(18.5%)と、居住地近郊への旅行を希望する回答が合計で約8割(79.9%)を占めました。一方で、これらの地域以外の遠方を希望する旅行者は20.1%となりました。

■都道府県別では、北海道・沖縄県に加えて大都市周辺が人気
今年の夏の家族旅行ではどこに行きたいか聞いたところ、北海道(10.3%)、沖縄県(7.5%)に次いで、千葉県(5.3%)、静岡県(5.1%)、兵庫県(4.9%)が人気トップ5となりました。人気のリゾート地に加えて、大都市から近いエリアの人気が高い傾向が伺えます。

■今夏の家族旅行に求めるものは、いつもと違う環境でのリフレッシュ
今年の夏の家族旅行に求めるものを複数回答可で聞いたところ、「いつもと違う環境でリフレッシュできる」(66.0%)が最も多い回答となりました。次いで、「子どもがのびのびと過ごせる」(54.1%)、「夏らしい体験を楽しむ」(38.8%)との回答が寄せられました。

■今夏の家族旅行で宿泊施設に求めるものとして、過半数が「貸切風呂や家族風呂がある」と回答
今年の夏の家族旅行で宿泊施設に求めるもののトップは「貸切風呂や家族風呂がある」(51.3%)でした。また、「部屋で食事ができる」(40.6%)、「部屋が広い」(37.8%)との回答も多く、プライベートな空間や広い客室でくつろげる旅行を求める傾向がみられています。

※アンケート結果の詳細は、Appendixをご参照ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d21228-20220601-ad49b4d85ee5029d17164aade7375779.pdf


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram