【オマツリジャパンの毎週祭日 1】漁師町でひな祭りルーツ探訪 奇祭ハンター・マック

  • 2019年9月18日

海に紙吹雪がまかれ、神の国への道が開く

淡嶋神社のひな流し(和歌山市)

 私は「奇祭ハンター」として毎月、日本全国へと奇祭旅を行っている。今回の旅の日付は3月3日、ひな祭り。目的地は和歌山市加太にある淡嶋神社だ。人形供養で有名な淡嶋神社では3月3日、ひな祭りの原型となったと言われる「ひな流し」が行われる。全国から寄せられたひな人形たちを海に流して供養するのだ。

 最寄りの加太駅に到着すると、加太は紀淡海峡に面する漁師町だった。名産の真鯛(まだい)をはじめ、しらす丼やサザエのつぼ焼きなどの海産物が豊富で、加太淡嶋温泉だってある風情ある町並みだ。

 駅から淡嶋神社まで徒歩20分。境内にはその数2万体ともいわれる人形が所狭しと並べられていた。ひな人形だけではない。日本人形や招き猫、狸の信楽焼きだってある。中には髪が伸びる人形も安置されているという噂だが、本当だろうか。

 境内で待つこと約1時間。大量のひな人形を乗せた白木の船が3隻、神主を先頭にこっちへやってきた。白木の舟をかつぐのはすべて女性。ひな流しだから、当然か。

 大量のひな人形は境内を出て、やがて海岸をのぞむ桟橋へと運び込まれた。見学に来ていた幼稚園児たちのうち、女の子だけが桟橋へと降りることを許された。「女の子だけずるい~」。男の子たちから非難の声が飛ぶ。「ひな祭りだからね~」と先生。

 やがて神事が始まり、神主さんが色とりどりの紙吹雪を宙に撒(ま)いた。紙吹雪には、神の国の扉を開く意味があるらしい。偶然、風向きが良く、紙吹雪は私が立っている位置へと飛んできた。そこで撮れた偶然の一枚が、掲載した写真である。神事の後、ひな人形は無事、海へ、神の国へと旅立っていった。われわれ一同は厳かな気持ちでそれを見送った。(奇祭ハンター・マック)

 ※オマツリジャパンのライターが全国の魅力的な祭りを紹介します。

【オマツリジャパン】
日本初の祭りサポート専門会社。「祭りで日本を盛り上げる」を目標に掲げ、祭りのコンサルティング、プロモーション、日本最大級のWEBプラットフォーム運営など、地方創生に取り組む。https://omatsurijapan.com

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram