【インターネット徹底集客 247】2020年度の年末年始の動向対策 アビリブ・プライムコンセプト取締役 内藤英賢

  • 2020年10月16日

 今号では、恒例の年末年始の動向について述べたい。今年度は新型コロナとGo Toキャンペーンの影響で非常に特殊な動きとなっている。まず、全体的な傾向でGo Toキャンペーンの影響で年末年始の予約のスピードが例年よりも早くなっている。平時の予約は直近化しているものの、繁忙期の予約は早め早めに動くという二つの事象が同時進行している印象である。

 そして、ここでも「高級旅館&リゾートホテル>一般的な旅館&リゾートホテル>宿泊特化型ホテル」という順番で予約が入っているので、自施設がどこにポジショニングしているのかを冷静に見極めて対策を打つことが求められる。

 以上のことを踏まえての一般的な動向となるが、まずは、12月31日と1月1日の需要が例年以上に突出しており、既に予約で埋まってしまった施設も多いのではなかろうか。まだ空室があるという施設も、現状の市況感を見ると確実に満室になると想定されるので、高単価でしっかりと受注したい日程である。続いて、12月30日と1月2日の動きも好調であるので、この日程も満室になる想定で「単価を上げる」「キャンセル対策を講じる」などの施策をしっかりと実施したい。

 続いて、12月29日も人気宿から既に埋まっているので、この日も予約状況に応じた対策を実施したい。そして意外だが、1月3日の動きも例年よりも良い。今年度は1月3日が日曜日なので、低需要の予測を立てていた宿も多かったが、やはり低価格設定が多いためか動きが堅調である。とはいえ、1月2日などよりは低需要であることは間違いないので、こちらも注視が必要である。12月26~28日は施設ごとで異なるが、やはり人気宿で先行の動きが良いことから、この日程もレジャーの動きは比較的強いと見て良いだろう。

 さまざまな複合要因が重なり、予約状況が読みにくい年となっているが、年末年始も例外ではない。やはり自施設の予約状況と周辺と市場全体を見渡しての判断が必要である。例年以上に注視が必要な年であることは間違いない。

 (アビリブ・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram