「観光危機管理計画・観光危機対応マニュアル作成の手引き」紹介 観光庁・UNWTOシンポジウム

  • 2022年3月1日

国連世界観光機関

 自然災害などに対する国内外の旅行者への情報発信や避難誘導、観光需要の復興など、観光分野の危機管理を考えるシンポジウムが2月17日にオンラインで開かれた。主催は観光庁、国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所。平常時からの備えが不可欠として、観光庁から近く公表される「観光危機管理計画・観光危機対応マニュアル作成の手引き」の概要が紹介された。国内外での危機管理の取り組みについても、観光関係者や専門家が発表した。

 「観光危機管理計画・観光危機対応マニュアル作成の手引き」は、観光庁が昨年公表した「非常時における訪日外国人旅行者対応マニュアル作成のための指針」を踏まえて、計画やマニュアルの策定のポイントを実務者向けにより具体的に解説する。

 手引きは、行政・DMO編と事業者編で構成。自然災害などに対し、(1)減災(2)危機への備え(3)危機への対応(4)危機からの復興―の四つの局面を想定した対応を盛り込む。手引きに示されたワークシートに記入することで、計画やマニュアルの策定に近付くような内容になっている。

ペイウォール会員向け記事です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram