「県民割」実施は10県 隣県誘客は2県だけ

  • 2022年3月7日

観光庁集計 2月22日時点

 国の地域観光事業支援を活用した都道府県の「県民割」事業は、観光庁の2月22日時点の集計によると、実施中は10県だった。このうち隣県からの誘客を実施中の都道府県は2県にとどまっている。

 「県民割」事業への国による支援は、東京都を除く46道府県に補助金を交付しているが、2月22日時点で実施中は、岩手、宮城、山形、富山、福井、奈良、鳥取、島根、山口、大分の10県。このうち隣県からの誘客は、岩手県と宮城県が相互に実施しているだけ。

 緊急事態宣言が昨年9月末に全面解除され、「県民割」事業の実施都道府県は、12月15日時点で43道府県に上った。しかし、オミクロン株の感染が拡大。まん延防止等重点措置の適用で、実施中の都道府県は今年1月19日時点では25道府県に減少していた。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram