「期待の巨大市場インド」 JATAセミナー、HMI社長らが講演

  • 2019年4月14日

講演する比良氏

 日本旅行業協会(JATA)は3月29日、東京都内で会員対象のインバウンドセミナーを開いた。「期待の巨大市場 インドからの訪日旅行」をテーマに、旅館・ホテル運営会社ホテルマネージメントインターナショナル(HMI)社長で、インド出身の比良竜虎氏、前観光庁長官で現在は三井住友銀行顧問を務める田村明比古氏、エアインディアに39年勤務して昨年退職した木下洋子氏が講演した。

 インドは中国に匹敵する13億人の人口を抱える大国。ただ、訪日旅行者数は昨年が15万人で、全体の0.5%にとどまる。

 田村氏は、現在のGDPが約2.2兆ドルで世界6位、2030年は世界3位になると予測されるなど、経済成長が著しいインドの現状を解説。

 日本への旅行者の誘致には、査証(ビザ)発給要件の緩和、航空路線の拡充、ベジタリアン対応、買い物の魅力訴求が必要とした。

 比良氏もインドからの訪日を促進するために必要な要素として、「ビザの緩和・撤廃」「航空路線の拡大」を挙げるとともに、即効性のあるマーケットとして「大都市の富裕層」「婚礼市場」「日系企業」「教育分野」を挙げた。

 比良氏は過去に係争事案がなく、毎年首脳同士が交流する両国の良好な関係を強調し、日本からインドへの旅行も含めた双方向のさらなる交流促進を呼び掛けた。

講演する比良氏

関連する記事

仏フォション ホスピタリティは、「フォション ホテル 京都」を2020年に開業する。 2018年9月に、パリに最初のホテルを開業したフォション ホスピタリティ【社長兼CE…

続きを読む

プリンセス・クルーズは、日本へのインバウンド客向けに「ローカル・コネクション」プログラムを提供すると発表した。 クルーズ業界におけるデスティネーションリーダーであるプリ…

続きを読む

日本国内で昨年相次いだ自然災害を踏まえ、日本政府観光局(JNTO)は、外国人旅行者に対する非常時の情報提供体制を強化している。非常時に集中する災害・交通情報などの問い合わ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube