「実利直結の事業」 日旅連関東総会、研修会・勉強会を強化

  • 2018年3月23日

連携強化を訴える森田会長(壇上)

 日本旅行協定旅館ホテル連盟(日旅連)の関東支部連合会(森田繁会長=群馬県・心に咲く花 古久家、373会員)は9日、東京の都市センターホテルで通常総会を開き、「実利に直結した事業」を柱とした今年度事業計画を承認した。日本旅行の若手社員対象の現地研修会や、ウェブに関する勉強会を実施。ホテルを中心に新規会員の加盟促進も図る。

 連合会の11支部ごとに行う現地研修会を強化。日本旅行が昨年から発売しているインターネット専用宿泊商品「My宿オンライン」など、ウェブについての勉強会も進める。4~6月に行われるJRの栃木デスティネーションキャンペーンや、日本旅行東日本営業本部が行う地域キャンペーンについて、企画や販促面で協力する。営業本部のキャンペーンは2~4月に山梨、4~6月に栃木、10~12月に群馬で実施。

 森田会長は「景気は大企業を中心に回復しているが、われわれ宿泊業にとって実感はない。多くのお客さまをお送りいただくために、会社と会員、会員同士が連携しなければならない。会社が進める地方創生事業にも大いに期待している」とあいさつ。

 日本旅行の堀坂明弘社長は、「昨年スタートした新中期経営計画『VALUE UP 2020』に皆さまとともに取り組みたい。旅館・ホテルの利用促進へ、それぞれが持つ魅力を私どもならではの取り組みで訴求したい」と述べた。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram