「アライアンスを積極的に」 JTB髙橋社長、新年あいさつで方針示す

  • 2019年2月5日

髙橋社長

 JTBは1月17日、旅館・ホテルなどのパートナー企業を招いて「2019年新春経営講演会」を東京都新宿区の京王プラザホテルで開催した。髙橋広行社長=写真=が新年あいさつで、「すでにいくつかのスタートアップ企業との協業をスタートさせているが、今後も自社にない技術、ノウハウ、カルチャーを持つさまざまな企業と戦略的に提携をして新たな価値の創出とそのビジネス化に取り組んでいきたい」と今後もアライアンスを積極的に進めていく考えを示した。

 髙橋社長はまた、旅行マーケットの質的な変化への対応が急務と指摘。「最たるものがお客さまニーズのパーソナル化。あらゆる選択肢の中から自らの志向、目的に応じた旅を探すようになり、お客さまのニーズに合った商品やサービスを提案できなければ、その選択の対象にすらならなくなってきている」と語った。

 商品面では「ダイナミック化」も課題。「ダイナミック化というのは価格変動の動き。今後さらに急速に進むとパンフレットに旅行代金を掲載することすら難しくなる。あらかじめ行程や価格を固定した企画商品を中心としたビジネスモデルからの転換が待ったなしで求められている。商品造成の在り方、販売の在り方そのものを根底から変えなければならない」と改革を進める考えだ。

 会では岸博幸・慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授による講演「地域活性化の鍵~ポスト五輪に向けて今やるべきこと~」や「第14回JTB交流創造賞」の授賞式などが行われた。


髙橋社長

関連する記事

九州産交ツーリズム会社は1月26日、熊本県玉名市の「いだてん大河ドラマ館」と同県和水町の「金栗四三ミュージアム」=写真=を結ぶ無料シャトルバスの運行を始めた。 運行期間…

続きを読む

成田空港は、航空機発着回数が7年連続で開港以来の最高値を更新したと発表した。 2018年暦年 空港運用状況 航空機発着回数をはじめ、以下の項目について開港以来最高となりま…

続きを読む

JALは、国際線予約開始を360日前に4月から変更する。 日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)は、2019年4月から国際線の予…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube