OTAの国際会議「WIT2017」に12カ国から500人が参加

  • 2017年6月19日

意見を述べる(右から)高野、宮本、榊、三島、柴田の各氏

 オンライン旅行会社の国際会議「WIT JAPAN&NORTH ASIA2017(ウェブ・イン・トラベル 日本&北アジア2017)」が9日、東京・目黒のウェスティンホテル東京で開かれ、世界12カ国以上から約500人が参加した。楽天、リクルートライフスタイル、i.JTB、一休、リラックス、ブッキングドットコム、エクスペディア、シートリップ、アゴダ、途家(Tujia)などのOTAや日本航空、全日空、ピーチ航空といった航空会社も出席、登壇した。

 「武士道精神の再想像」と題したセッションには、楽天の高野芳行トラベル事業長、リクルートライフスタイル(じゃらん)の宮本賢一郎執行役員、一休の榊淳社長、i.JTBの三島健執行役員が登壇。ベンチャーリパブリックの柴田啓社長が司会進行を務めた。

 各社の最近のトピックについて問われた各氏は、「今年に入って、いくつかの都道府県で人泊数ベースの宿泊取扱シェア20%を確保することができた」(高野)、「15年から16年の予約取扱の伸び率が6%と伸び悩んだ」(宮本)、「ヤフー傘下入りした結果、サイトへの訪問者数が2倍に増えた」(榊)、「JTBの独自推計では年間700万泊が民泊に流れており、宿泊需要を取り込めきれなかった」(三島)と答えた。

 次の質問である「フォーカスライト社の調査では、日本のOTAマーケットシェアは2011年が楽天30%、リクルート29%、i.JTBが11%、一休が3%、その他が27%だったが、2015年では、楽天20・7%、リクルート同、i.JTB8・8%、他49・8%となっている。ブッキングドットコム、エクスペディアなどのグローバルOTAがシェアを拡大していることが要因だと思うが、自社のビジネスに対してどれだけの危機感を持っているか0%から100%の数字で答えてほしい」では、「100%」(高野)、「50%」(宮本)、「一休は国内宿泊客を国内宿泊施設に紹介するビジネスなので、0%」(榊)、「2011年当時、私はエクスペディアジャパンの代表だったのだが、グローバルOTAのマーケティング力の強さを考えると100%。ただしJTBは800ものリアル店舗を有しており、今後のオム二チャネル展開を考えると50%」(三島)と回答が分かれた。

 全体の予約のうちスマートフォン経由の予約の比率は何%なのか、その中でアプリからの予約は何%なのかという質問には、「ピーク時のスマホ予約比率は60%。うち約半分がアプリ経由」(高野)、「非公開」(宮本)、「スマホ予約比率は40~50%、そのうちアプリ経由は10~20%」(榊)、「スマホ経由は30~40%。アプリに関してはそもそもやっていない」(三島)と各氏が答えた。

関連する記事

楽天とLIFULLは22日、共同で新会社「楽天LIFULL STAY」)を設立し民泊事業に参入すると発表した。両社が発表した詳細は以下の通り。   楽天株式会社(本社:東…

続きを読む

高級宿泊予約サイトのリラックスは23日、民泊予約事業に参入を表明した。6月23日から専用サイトで施設登録受付を開始する。民泊予約事業では、楽天も22日、記者会見を開き参入…

続きを読む

日本旅行業協会(JATA)は、7月1日を「旅の安全の日」と制定し、一般消費者と旅行業界に向け、夏の旅行シーズンを迎える前に旅の安全に関する取り組みを推進している。今年で4…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?