JTB、訪日外客向けに観光乗合バスツアー

  • 2017年3月16日

記者発表会に出席した(左から)JTBグローバルマーケティング&トラベルの座間社長、ヨーロッパムンドバケーションズのガルシア社長、JTBの坪井取締役

 JTBは、訪日外国人旅行者向けの観光乗合型バスツアー(SIC、シート・イン・コーチ)を4月から本格導入する。JTBグループのヨーロッパムンドバケーションズ(本社スペイン・マドリード、ルイス・ガルシア社長)が、ヨーロッパで展開するSIC事業を日本でもスペイン語圏、英語圏の旅行客を対象に開始する。

 東京―仙台―札幌や東京―名古屋―京都、大阪―高野山―京都など22都道府県を巡る五つの基本観光ルートを設定。ルートが接する日光、東京、京都、大阪、広島の5地点でバスを乗り換えることができ、各ルートの組み合わせと乗車区間の選定により、48コースのラインナップをそろえた。1人から出発催行する。

 ヨーロッパムンドバケーションズは、欧州36カ国で中南米やスペイン語圏22カ国の旅行客を対象に1997年からSIC事業を展開している。約800コースのラインナップがあり、16年の取扱人員は約12万7千人。日本展開でのランドオペレーター業務はJTBグローバルマーケティング&トラベル(座間久徳社長)が行う。

 3月2日に記者発表会が行われ、JTBの坪井泰博・取締役訪日インバウンドビジネス推進部長は「訪日外国人旅行者の利便性向上につながり、訪日外国人旅行者の地域分散や、地域の活性化にも貢献できる」と強調。2017年度の目標人員は5千人で、「20年には数万人規模まで広げていきたい」と意欲を示した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連する記事

中部国際空港セントレアは、中国系SNS「WeChat(微信)」の公式アカウントを開設した。 中部国際空港株式会社(本社:愛知県常滑市、代表取締役社長:友添雅直)は、増加…

続きを読む

横浜商科大学が事務局を務める文科省委託事業「地域インバウンド対応のための観光ビジネスフロンティア人材育成事業」は、受講料無料のeラーニング講座を始める。 受講可能期間は…

続きを読む

シェアプロは、日本食に特化したインバウンド向けサイト「Foodies Go Local.com(フーディーズ ゴー ローカル)」を開設した。 2020年には4,000万…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?