JTB、中国人向けテレビ番組情報連動型訪日アプリケーションサービス「最霓虹(BEST NIHON)」を開始

  • 2017年5月10日

 JTBは中国のテレビ局と共同で、訪日中国人旅行客向けの新サービスを始める。同社が発表した詳細は以下の通り。

 株式会社ジェイティービー(本社:東京都品川区 代表取締役社長:髙橋広行/以下、JTB)は、中国上海でテレビ番組の制作とテレビ放送局を運営するメディア企業である上海日欣文化伝媒有限公司(本社:上海 総経理:吕辰晔/以下、上海ルーセント)との共同運営で、上海淘最霓虹网络科技有限公司(本社:上海 総経理:李翔/以下、上海ベストニホン)を設立し、中国の訪日旅行者を対象としたテレビ番組情報連動型のアプリケーション情報サービス「最霓虹(BEST NIHON)」を、2017年5月15日(月)から開始(予定)します。

 昨年、中国大陸(台湾・香港除く)からの訪日旅行者数は、6,373,000人(※1)となり、今後も中国国内における日本への関心、並びに訪日需要は益々高まることが想定されます。

 その様な環境下、上海ルーセントは2005年からの12年間、中国国内のテレビ・ネットメディアにおいて、日本文化を伝えるトレンド情報番組「東京印象(及びその姉妹番組である、地方版印象シリーズ)/上海テレビ 電視劇チャンネル他」を放送し、上海を中心に日本ファンを増やしています。また、「東京印象」は2017年に日本国外務省が推進する「周年事業(※2)」として正式に認定されるなど、中国における日中友好の象徴的存在として、情報番組としての魅力を積み上げております。

 この度サービスを開始する「最霓虹(BEST NIHON)」は、この情報番組「東京印象」を視聴する訪日熱旺盛な中国人生活者を主なターゲットに、効率的に、充実した実用情報を提供してまいります。GPS機能による位置情報に基づく推奨や、マイページ機能による個人の嗜好性に適した推奨、またモバイル決済によるカンタン予約購入の仕組みなど、アプリケーションならではの利便性を通して、情報番組「東京印象」の実用性を一層向上させ、よりパーソナルに役立つツールへと進化させました。

 JTBは、今後も中国国内における「最霓虹(BEST NIHON)」のサービス事業展開により、中国人の訪日旅行の際に活用できる情報の更なる充実に貢献してまいります。

(※1)出典:日本政府観光局(JNTO)
(※2)日本国外務省が推進する事業
http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/cn/page23_001871.html

◆​中国人向け訪日アプリケーションサービスの概要
1.情報番組「東京印象(及びその姉妹番組である、地方版印象シリーズ)」の概要

・「東京印象」は2005年から、姉妹番組「地方版印象シリーズ」は2015年から放送を開始
・中国上海ローカルテレビ、中国全国デジタルテレビ、中国人気ネット動画サイトで放送・公開中
・2017年から毎週2話に放送枠を拡大
・毎話、約100万人(毎週200万人)程度が視聴  ※視聴率とネット視聴回数の積算
・日本航空(JAL)国際線機内エンターテインメント「JAL Mooove!」でも公開中

2.情報番組連動型訪日アプリケーションの開発背景

 中国国内での訪日旅行者の急増に伴い、日本の食文化や製品など日本のモノやサービス全般に対する関心が高まっています。「東京印象(及びその姉妹番組である、地方版印象シリーズ)」の視聴ファンからの、訪日情報に関する実用性向上への強い要望にお応えし、中国大陸(台湾・香港除く)で初となる情報番組連動型の訪日アプリケーションサービス「最霓虹(ズイニホンBEST NIHON)」を開発しました。

 JTBは、「最霓虹(BEST NIHON)」のサービス展開により、訪日中国人旅行者と日本旅行を計画する中国人生活者に向けた訪日実用情報やオススメの着地型旅行商品情報を案内します。

3.「最霓虹(BEST NIHON)」事業展望

 「最霓虹(BEST NIHON)」は、「もっとも(最)」充実した「最新の日本(霓虹nihong=近年中国の若者のあいだで呼ばれる、日本の音読み愛称)」を伝え、日中の“虹の懸け橋”となる情報メディアを目指します。

 上海を中心とした日本ファンの間で人気のテレビ番組「東京印象(及びその姉妹番組である、地方版印象シリーズ)」の放送と情報連動することで、四季折々の日本の旅映像から視聴者の訪日意欲を刺激しつつ、アプリケーションの閲覧や会員化を促進していきます。

 また、アプリケーションユーザーの閲覧記録、購入者の情報経路等の分析を通して、データサービスの見地から、日本全国での訪日インバウンドによる更なる活性化に貢献してまいります。

4.主な「最霓虹(BEST NIHON)」販売商品(予定)

(1)ホテルやパッケージツアーなど、着地型旅商品・サービス
(2)チケット予約:「JR-PASS」など
(3)日本健診ツアーなどの健康・医療商品・サービス
(4)日本各地のお土産とその配送サービス
(5)「るるぶ」グルメガイド
(6)結婚写真ツアー、記念写真ツアー
(7)格安航空券チケット、渡航ビザ代行など
※販売商品は、随時更新してまいります。

5.「最霓虹(BEST NIHON)」の特長

(1)クレジットカード決済や、Alipay、Wechat Payなど中国で利用者が拡大しているモバイル決済のニーズに対応
(2)訪日旅行商品のアプリ販売を通したBtoCサービス
(3)日本国内の訪日旅行者向け商品・サービス事業者全般に対し、BtoBアプリ情報掲載及び広告サービスの展開
(4)GPS機能付き店舗情報で、中国人訪日旅行者への来店喚起

6.「最霓虹(BEST NIHON)」の開始2017年5月15日(月)より開始予定

関連する記事

高級宿泊予約サイト「リラックス」運営のロコパートナースは29日、上海に子会社を設立し、同サイトの中国内での浸透を図り、訪日中国人宿泊客の予約獲得拡大につなげる。同社が発表…

続きを読む

オリックスレンタカーは26日、インバウンド客向け和装レンタカー10台を関空店で提供開始した。詳細は以下の通り。 オリックス自動車株式会社(本社:東京都港区、社長:亀井 …

続きを読む

JTB西日本は24日、インバウンド客向け「“京都の料亭・割烹”予約決済代行サービス」を始めた。同社が発表した詳細は次の通り。 株式会社JTB西日本(本社:大阪市中央区、…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?