JNTO、モスクワに海外事務所を開設

  • 2017年1月10日

 日本政府観光局(JNTO)は12月16日、ロシア・モスクワに海外事務所を開設した。JNTOとして15番目の海外事務所。所長には本蔵愛里氏が就任。市場分析やプロモーションに取り組み、ロシアから訪日旅行を促進する。

 ロシアからの2015年の訪日旅行者数は約5万4千人だが、欧州最大の人口約1億4千万人を有する潜在性の高い市場だけに、今後の訪日需要の拡大が期待されている。

 JNTOではモスクワ事務所のほか、インド・デリー事務所、フィリピン・マニラ事務所、ベトナム・ハノイ事務所、マレーシア・クアラルンプール事務所、イタリア・ローマ事務所、スペイン・マドリード事務所の開設準備を進めている。

関連する記事

観光庁は11月29日、「スノーリゾート地域の活性化に向けたモデル事業」の支援先として、大雪カムイミンタラDMO(北海道)と、青森スノーアクティビティ活性化協議会(仮称、青…

続きを読む

観光庁が11月30日に発表した宿泊旅行統計調査の結果、今年9月の宿泊施設の延べ宿泊者数(第2次速報値)は、前年同月比0・1%増の4093万人泊となった。都道府県別では27…

続きを読む

経済産業省は11月30日、福島県の「奥会津昭和からむし織」など5品目を伝統的工芸品に指定したと発表した。これにより、伝統工芸品は230品目となる。観光面でも活用できそうだ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?