JATA、金沢市でインバウンド商談会を実施

  • 2017年1月11日

 日本旅行業協会(JATA)は12月13日、地域へのインバウンド需要の分散を促進するため第4回「インバウンド商談会」を石川県金沢市で実施した=写真。北陸信越運輸局、中部運輸局、日本政府観光局が協力。JATA訪日旅行推進委員会の旅行会社と北陸の観光産業・自治体関係者、126人が参加した。

 JNTOの山崎道徳理事が「観光立国実現に向けての取り組み」と題して講演したのに続き、石川県の大西洋彰・観光戦略推進部国際観光課欧米誘客戦略グループリーダー、富山県の南茂英気・観光・地域振興局観光課国際観光班主任、福井県の笠島亘弘・観光営業部総括主任が各県についてプレゼンテーション。その後、参加者が自由に商談を行った。

 インバウンド商談会は年2回行われており、第1回を2015年6月に群馬県(群馬・栃木地区合同)、第2回を同12月に大阪府(滋賀・奈良・和歌山地区合同)で、第3回を16年6月に静岡県で開催してきた。17年度は東北などを予定している。

430513-afp01

関連する記事

JTBは10日、成田空港で初めてとなる訪日外国人旅行者向け店舗「成田国際空港第一ターミナルトラベルセンター」を開設した。 成田国際空港では、第1ターミナル中央ビル本館1…

続きを読む

日本旅行は、ファミマ・郵便局など全国3万2千カ所で、JRセットプランのチケットを受け取ることができるサービスを始める。 (株)日本旅行(本社:東京都中央区、代表取締役社長…

続きを読む

鉄道旅客協会が7月28日に発表した主要旅行業12社の今年6月の旅行取扱額は、前年同月比4・1%増の2886億2892万円だった。内訳は、国内旅行が1・7%増の1773億8…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?