ANTA、石川県へ3万人送客のキャンペーン実施へ

  • 2017年3月14日

あいさつする二階会長

あいさつする二階会長

 全国旅行業協会(ANTA、二階俊博会長)は3日、全国からANTA会員の旅行業者など1300人を集めて、石川県金沢市で「第12回国内観光活性化フォーラムinいしかわ」を開催した。石川県の観光活性化と着地型旅行の推進を目的としたもので、石川県へ3万人以上を送客するキャンペーンを実施することも決めた。

 地元実行委員会の北敏一委員長(石川県支部長)の開会宣言で幕を開けた。冒頭のあいさつで二階会長は「本フォーラムの開催を契機として石川県内の各自治体、宿泊施設など観光関係者と私たちANTA会員の旅行業者がお互いにスクラムを組んで、石川県の観光振興と地域経済の活性化のためにお役に立てるよう努力する」と発言。また、自民党幹事長の立場から「観光立国の実現は地方創生の観点からも非常に重要だ。政府、自民党を挙げて、これに取り組んでいく」と決意を示した。

 その後、観光庁の瓦林康人審議官による基調講演、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長による記念講演を開催。昨年7~12月に実施した「明治維新鹿児島送客キャンペーン」に関する表彰も行い、最優秀会員のビーウェーブ(大阪府)、優秀会員の南西旅行開発(東京都)、準優秀会員のトラベルジャパン(宮崎県)、トラベル・エー(石川県)に感謝状と記念品を贈呈した。同キャンペーンによる送客数は3万2300人で、目標の3万人を超えた。

 「学生がつくる石川県の着地型旅行プランコンペ」の表彰式も実施。最優秀賞には北陸学院大学短期大学部の林優里さんと善田麻珠子さんの作品が選ばれた。

 昨年の鹿児島に引き続いて、今回のフォーラムの開催を契機に「石川送客キャンペーン」を実施することが提案され、会場からの大きな拍手で賛同を得た。今年4月から12月までに全国から3万人以上の送客を目指す。

 次回の第13回国内観光活性化フォーラムは18年2月14日に高知で開催する。四国では初めて。フォーラムの終わりに引継式が行われ、四国地方支部長連絡会の山中盛世議長に大会旗が渡された。

あいさつする二階会長

関連する記事

価格、利用条件、発行時期など宿泊施設が自由に設定可能 楽天トラベルは、新サービス「宿クーポン」を1月から始めた。価格、利用条件、発行時期などを宿泊施設側で自由に設定でき…

続きを読む

近畿日本ツーリスト(近ツー)と成田国際空港は14日、視覚障害のある人を案内して空港を体験してもらう「成田空港体験講座」を開催した。視覚障害者11人が参加し、チェックインや…

続きを読む

JTB東海(本社:名古屋市中村区代表取締役社長:永島 寛以下JTB東海)は24日、石川県西南部に広がる豊かな加賀平野の中央に位置する都市である小松市に新設される「イオ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?