にっぽんの温泉100選 | 人気温泉旅館ホテル250選 | 5つ星の宿 | 部門別100選 | 宿のパンフ | ベストセレクション | 宿の必需品 | 観光経済の本 | 掲示板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
  情報掲示板
お宿からのおすすめ情報
観光イベント情報
観光業界人の広場

ベストセレクション・5つ星の宿


観光経済新聞電子版


掲示板

業界人のための情報交換コーナーです。

≪ 観光関連業界で働く皆さまへ ≫
観光業界への情報発信、ご意見など
自由に投稿して下さい。


〜ツリー表示〜
ツリー型表示からのメッセージ表示。

[ 新規投稿 ]  [ 新着順一括表示 ]  [ 新着順タイトル表示 ]  [ ツリー表示 ]


[02156]花蓮県が娯楽税を5%に半減 返信 削除
投稿者:情報提供:な〜るほど・ザ・台湾 
投稿日時:2010/10/07 16:25:00

【 バドミントン女ダブルスで簡と鄭が世界1位 】
世界バドミントン連盟が発表した最新世界ランキングで、9月末に日本で開かれた国際大会で女子ダブルス3位となった、台湾の簡毓瑾と鄭文欣のペアが、世界1位にランクされた。今年、2人は14大会に出場して精力的に活動し、成績も安定しているため、他のペアよりポイントが上回った。11月には中国・広州で開かれるアジア大会に出場する。
 
【 彰化県の田んぼで、カカシがマイケル・ジャクソンに変身 】
彰化県のあぜ道に、マイケル・ジャクソン似のカカシが出現した。作ったのは29歳の会社員の男性・李さん。実家の田んぼのカカシを見て、大ファンであるマイケル・ジャクソンのカカシを作ろうと思いついた。黒い帽子、白いTシャツ、黒いジャケット、白手袋、左手はズボンをつかむ有名なダンスの動作をまねており、2時間かけて制作した。鳥を追い払う効果のほどは?と聞かれ、「ほかのカカシとあまり変わりないようです」と答えた。
 
【 少年の刺青76%が友人によるもの、60%近くが後悔 】
台中地方院によると、少年犯罪で補導された少年のうち47%がタトゥー(刺青)をいれており、83%が専門の刺青屋を利用しておらず、76%が友人に施されたものだった。ナイフなどで傷をつけた後、墨をいれており60%近くが後悔していることが分かった。初めて刺青をいれた年齢は13歳から15歳が多く理由は好奇心が73%で、女性のほうが割合が高かった。部位は腕が最も多く、絵柄は龍が多かった。
 
【 「九降風」の季節が到来、新竹市で米粉祭り 】
10月8日は旧暦の9月1日に当たり、新竹では名物の米粉(ビーフン)の乾燥シーズンがやってくる。この時期になると、乾燥した風が吹き降ろすように吹くため「九降風」と呼ばれる。新竹は雪山山脈の後方にあり風が強く、雨量も少ないことから米粉の乾燥に適している。西南季節風は6月から8月に、東北季節風は10月から12月に吹き、秋冬シーズンにできた米粉が品質が一番良いといわれている。新竹市では23日、24日に名物の米粉、魚のすり身祭りを開催する。
 
【 ドラゴンフルーツを鉢植えに、さまざまな販売促進 】
宜蘭県羅東鎮の農業協会は、台湾で初めてドラゴンフルーツの生産販売チームを設立した。1998年から果肉の赤いドラゴンフルーツの栽培を開始して、10年以上がたつ。収穫期は6月から10月で、今年は雨が少なかったため糖度18、19度ととても甘い。農会では著名な料理人を呼んで、ドラゴンフルーツの創作料理コンテストを開催し、幅広いメニューの考案をしている。また食べる以外にも種を土に埋めて、鉢植えにするなど様々な方法で販売促進を行っている。
 
【 台北市に宝蔵巌国際芸術村が開村 】
台北市汀洲路3段に宝蔵巌国際芸術村が2日、開村した。芸術家のアトリエ、練習室、展示施設、宿泊施設などが整備され、希望する芸術家は一定期間、ここで芸術活動や作品制作ができる。清朝時代に中国からの開拓移民がここに宝蔵巌寺を開設したため、この名前が付けられた。日本統治時代には日本軍の高射砲部隊が進駐。戦後は一時、軍事施設として一般人の立ち入りが禁止となり、1970年代に軍隊が撤収した後は、退役軍人や低所得者が入り込みスラム化していた。その後、歴史建築物に指定され、06年から芸術家のための施設として修復が進められていた。入村には登録が必要で、時間も制限されている。予約電話は02-2364-5313内線130。同村URLはhttp://www.artistvillage.org
 
【 台中・大里仁愛病院の日本語医療サービス好評 】
台中県大里市の仁愛医療財団法人大里仁愛病院は昨年9月から日本語医療サービスを始め、これまでに日本人の来院回数は3000回以上に達し、日本人医療に大きな役割を果たしている。内容は、健康診断や外来の予約受付、診察の通訳、健康診断時の通訳と日本語による健康診断書報告の提供、入出院期間のケア、緊急対応可能の24時間ホットライン、在台日本人への台湾の医療情報の提供などと幅広い。特に好評なのは、健康診断から診察まで一貫した総合的な健康管理ができることで、「カルテが一つ」で済むことだ。日本人会婦人部会台中支部では「大変心強い。電話でも相談にのってくれるので、安心できる」と喜んでいる。
 
【 花蓮県が娯楽税を5%に半減 】
花蓮県政府は娯楽施設の入場料などに課している「娯楽税」の税率を10%から5%に引き下げるという。歌手やダンサー、サーカス、マジックなどのパフォーマンス、ナイトクラブでの出し物など。ビリヤード場やボーリング場の娯楽税(5%)は取り消す。また、民間投資を促進するため、県政府の条件を満たす事業は娯楽税を1%とする。
 

(PC等:125.195.62.191)

        
表示件数
ChildImg花蓮県が娯楽税を5%に半減 - 情報提供:な〜るほど・ザ・台湾  2010/10/07 16:25:00 [02156]
    

週刊 観光経済新聞 観光業界トップメディア
観光に専門特化
観光立国を推進
JAPAN Endless Discovery
個人情報著作権等ご購読広告掲載お問い合わせ
写真、見出し、記事など全てのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。著作権・著作隣接権は観光経済新聞社に帰属します。
Copyright (c) 1999ー2014 Kankokeizai News Corporation
All Rights Reserved