3月の全国企業の景気DIは46.2、2カ月連続で改善

  • 2017年4月20日

 帝国データバンクはこのほど、全国企業対象の景気動向調査の3月分を公表した。同月の景気DI(0~100、50が判断の分かれ目)は前月比0・8ポイント増の46・2と、2カ月連続で改善した。「国内景気は自動車関連の好調や人手不足対策の需要増加などを追い風に回復傾向が続いた」(同社)。業種別では旅館・ホテルが49・4で、同3・8ポイント増と2カ月連続で改善した。

 10の業界別では、旅館・ホテルを含めたサービスなど7業界が改善。3業界が悪化した。

 このうちサービスは同1・3ポイント増の50・4と、7カ月連続で改善。2015年8月以来、1年7カ月ぶりに50台に回復した。旅館・ホテルほか、飲食店(同6・1ポイント増の45・1)、娯楽サービス(同2・1ポイント増の39・2)など、特に個人向けサービスの景況感が改善。15業種中12業種が改善し、うち6業種が50以上となった。

 小売は同0・2ポイント増の41・1と5カ月連続で改善。自動車・同部品販売、家電・情報機器小売などが改善。ただ、飲食料品小売、医薬品・日用雑貨品小売など、9業種中6業種が悪化した。

 ほかの増加業界は農・林・水産、金融、製造、卸売、運輸・倉庫の各業界。

 減少は建設、不動産、その他の各業界。

 10の地域別では、8地域が改善。2地域が悪化した。

 北陸は同1・3ポイント増の44・1と、2カ月ぶりに改善。10地域中、最大の改善幅となった。

 低下は四国(同0・4ポイント減)、九州(同0・3ポイント減)の各地域。

 回答企業からの主な声は次の通り。

 「海外旅行の低迷で、購買力の高いシニアを中心に高級感のある国内旅行や5つ星の宿に人気がある」(現在、良い、一般旅行)。

 「ビジネス、レジャーともに前年を上回り堅調な状況が続いている。インバウンド需要も個人旅行者中心に増加傾向が継続している」(現在、良い、自動車賃貸)。

 「インバウンド需要に一服感がある」(先行き、どちらでもない、貴金属製品小売)。

関連する記事

東急電鉄26日、上海地下鉄駅構内での店舗開発コンサルティング事業を開始したと発表した。詳細は次の通り。 当社は、中華人民共和国上海市において、上海急線企業管理有限公司(…

続きを読む

パソナとエアビーアンドピー・ジャパンは28日、業務提携した。シェアリングエコノミーを活用した新しい働き方の創造や、地域での就労機会の拡大を目指して、⓵ シェアリングエコノ…

続きを読む

キャセイパシフック航空は26日、6月1日付の人事異動を発表した。日本支社カスタマーセンター部長に名古屋旅客営業支店支店長の笠原美和子氏が就任する。詳細は以下の通り。 キ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?