2016年の国内旅行消費額は約21兆円、10年以降で最高

  • 2017年5月15日

 観光庁がこのほど発表した2016年の日本人の国内旅行消費額(確報値)は、前年比2・7%増の20兆9547億円となった。調査対象が拡充された10年以降で最高を記録した。消費額の内訳は、宿泊旅行が1・4%増の16兆335億円、日帰り旅行が7・1%増の4兆9212億円。宿泊旅行の消費額は10年以降で最高値だった。

 旅行・観光消費動向調査の結果。同調査は16年から調査方法の一部を変更。これまでは調査対象者に過去6カ月の旅行内容を年2回回答してもらっていたが、過去3カ月の旅行内容を年4回回答してもらう方法に改めた。旅行の記憶が鮮明なうちに回答を得たことで統計精度が高まったが、従来に比べて数値が高く表れている可能性もある。

 国内旅行消費額の伸びには、延べ旅行者数の増加が寄与した。宿泊旅行が4・0%増の3億2566万人、日帰り旅行が8・1%増の3億1542万人だった。春、秋の連休の日並びは15年ほど良くなかった上、熊本地震なども影響したが、ともに10年以降では最高値だった。

 一方で、1人1回当たりの旅行単価は、前年の金額を下回った。宿泊旅行が2・5%減の4万9234円、日帰り旅行が1・0%減の1万5602円。宿泊旅行の単価は前年を割り込んだが、10年以降では2番目に高かった。日帰り旅行の単価は10年以降では4番目の水準だった。

関連する記事

旅行業者「てるみくらぶ」の経営破綻に伴う問題を受けて、観光庁の有識者会議「新たな時代の旅行業法制に関する検討会・経営ガバナンスワーキンググループ」(座長・山内弘隆一橋大学…

続きを読む

観光庁は、旅行業者「てるみくらぶ」が多額の旅行申し込みを受けたまま経営破綻した問題の再発防止策として、第1種旅行業者を対象に弁済業務保証金制度を見直す。現行の分担金に加え…

続きを読む

環境省によると、食べ残しや売れ残りで食品を捨ててしまう「食品ロス」について考える初めての全国大会が10月末、長野県松本市で開かれる。パネルディスカッションでは宿泊施設の総…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

アクセスランキング

まだデータがありません。

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?