17年10月から免税店の酒蔵、酒税を免除

  • 2016年12月30日

 観光庁は、12月8日の与党税制改正大綱の決定を受けて、消費税免税店の許可を受けた酒蔵(酒類製造場)が訪日外国人旅行者に日本産の酒を販売する際に酒税を免除する制度を創設する。2017年10月1日に開始する予定。17年度の税制改正に向けて国税庁と共同で要望していた。

 訪日外国人旅行者による地方の酒蔵を巡る観光「酒蔵ツーリズム」を促進するとともに、清酒、焼酎、ワインなど日本産の酒の訪問先での購入、消費を拡大する。日本産の酒についての認知度を向上させ、近年増加傾向にある輸出の促進にもつなげる。

 制度の創設により、清酒では1・8リットル、アルコール分15%、税込み価格2千円の場合、酒税216円、消費税148円、合計364円が免税になる。酒蔵は国内に約3千カ所あるが、このうち免税店の許可を受けているのは約50カ所であるため、新制度を周知し、免税店の許可の取得を呼びかける。

関連する記事

石井啓一国土交通相はこのほど、観光経済新聞社が加盟する国土交通省交通運輸記者会の共同インタビューに応じ、2017年の国土交通行政などについて語った。観光施策では、政府の「…

続きを読む

観光庁の2017年度当初予算案は、16年度当初予算比5%増の210億3500万円となった。東日本大震災復興特別会計に計上する東北の観光復興予算45億6500万円を合わせる…

続きを読む

日本政府観光局(JNTO)は12月16日、ロシア・モスクワに海外事務所を開設した。JNTOとして15番目の海外事務所。所長には本蔵愛里氏が就任。市場分析やプロモーションに…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

旅館業経営者向けセミナー2月20日@東京

  • 【観光へき地・外国人観光客ゼロ】&【劣化施設】&【人材不足】でも旅館を繁盛させる法大公開

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
【求人】観光経済新聞社