17年の国内旅行人数は2.9億人、前年比微増 JTB調べ

  • 2017年1月8日

 JTBは12月20日、2017年の旅行市場の見通しを発表した。「景気は回復基調にあり、旅行意欲も堅調で、休日の日並びも良い」(同社広報室)ことなどから、国内旅行人数は前年比で0・4%の微増となる2億9800万人と予測する。

 17年は、ゴールデンウイーク(GW)と正月を除く週末の3連休が6回と前年より1回多い。GWは5月1日と2日を休めば9連休となる。月末の金曜日に午後3時の退社を促し、買い物や旅行などの時間を創出する「プレミアムフライデー」の効果も期待される。

 国内旅行の話題としては、名古屋市にレゴブロックのテーマパーク「レゴランド」が4月にオープン。5月にJR東日本の「トランスイート四季島」、6月にJR西日本の「トワイライトエクスプレス瑞風」と、新しい寝台列車が東西で運行を始める。都市部やリゾート地で新しいホテルの開業も予定されている。

 国内旅行の平均消費額は0・3%増の3万4920円、国内旅行消費額は0・8%増の10兆4100億円と推計する。

 16年の訪日外国人旅行者数は22・1%増の2410万人と予測。17年は、円安が続けば日本への旅行をしやすい環境となるが、中国やアジアの経済状況が変化すれば旅行の動向に影響する。伸び率は鈍化し、12・0%増の2700万人と見込む。

 海外旅行人数は、やや円安に転じていることから前年並みの1700万人と推計。2月からの燃油サーチャージの復活などで旅行の単価が上昇し、平均消費額は3・8%増の24万7200円、海外旅行消費額は3・7%増の4兆2千億円となる見通しだ。

関連する記事

楽天とLIFULLは22日、共同で新会社「楽天LIFULL STAY」)を設立し民泊事業に参入すると発表した。両社が発表した詳細は以下の通り。   楽天株式会社(本社:東…

続きを読む

高級宿泊予約サイトのリラックスは23日、民泊予約事業に参入を表明した。6月23日から専用サイトで施設登録受付を開始する。民泊予約事業では、楽天も22日、記者会見を開き参入…

続きを読む

日本旅行業協会(JATA)は、7月1日を「旅の安全の日」と制定し、一般消費者と旅行業界に向け、夏の旅行シーズンを迎える前に旅の安全に関する取り組みを推進している。今年で4…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?