JTB、国内キャンペーン「日本の旬」2018年度対象エリア決定

  • 2017年12月4日

 JTBは、国内キャンペーン「日本の旬」2018年度対象エリアを決定した。

 株式会社ジェイティービー(東京都品川区、代表取締役社長:髙橋 広行/以下、JTB)は、JTBグループの国内キャンペーン『日本の旬』の2018年度の対象エリアを2018年度上期(4月~9月)「日本の旬 瀬戸内・山陰」、下期(10月~2019年3月)を「日本の旬 北関東」と決定し、それぞれの期間に全社キャンペーンを展開します。

 

 JTBでは、1998年10月より国内旅行活性化のため「日本の旬」を展開しており、「日本の魅力の再発見」をテーマに、各地の「旬」の魅力を掘り起こし、取り上げ、国内及び海外のJTB各社、提携販売店、インターネットなどのJTBグループの全販売チャネルでの販売拡大を通じて、新たな地域の魅力の発信を国内外に行うという取り組みをしております。

 2018年度上期(4月~9月)の対象方面は、「日本の旬 瀬戸内・山陰」として、中国エリア5県で実施します。2018年は大山開山1300年(鳥取)、松平不昧公没後200年(島根)、瀬戸大橋開通30年(岡山)、平清盛公生誕900年(広島)、明治維新150年(山口)と中国エリアでは様々な節目となる年です。「ふたつの海と心地のいい旅舞台 海・山・街・食・歴史、ここで過ごす時間が5つ星」をコンセプトに中国地区の様々な魅力にスポットを当て、地域ならではの「過ごし方」を提案し発信します。

 2018年度下期(10月~2019年3月)の対象方面は、「日本の旬 北関東」として、群馬・栃木・茨城の3県で実施します。「五色豊穣 また来たくなる感動三国」をコンセプトに五つの色で表現します。中禅寺湖の紅葉などの「赤」、伊香保黄金の湯などの「黄」、四万ブルーの奥四万湖などの「青」、かまくら祭りなどの「白」、地元ならではのグルメ、けんちんそばなどの「茶」など五つの色と関連づけ、何度訪れても飽き足らない北関東の豊かな魅力を発信していきます。

 本キャンペーン実施に際し、関係自治体、観光関連団体及び観光事業者の皆様と協力して、現地を旅行されるお客様のための「便利な移動の仕組み」、「地域ならではの特典」、「思い出に残る感動体験」「わかりやすい情報提供」などにより、新たな旅行スタイルを提案します。また開発された様々な仕組みをキャンペーン終了後も地域との連携により継続的に活かし、観光を通じた交流人口の拡大による地域活性化及び観光立国の推進に貢献することを目的としています。

 日本の旬キャンペーンを通じてより多くのお客様に現地の魅力を体験して頂くことで、国内観光地の活性化に貢献していきたいと考えております。

関連する記事

JTBは、新ブランド「ダイナミックJTB」を1月25日に発売する。 JTBグループの海外パッケージツアー「ルックJTB」を企画・実施する株式会社JTBワールドバケーション…

続きを読む

JTBは、「RoBoHoNと行く『ロボ旅』(京都)」を発売する。 株式会社JTB西日本(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:光山清秀)とシャープ株式会社(本社:大阪府堺市…

続きを読む

「平成29年度 東京都スポーツ推進企業」にJTBが認定された。 株式会社ジェイティービー(東京都品川区、代表取締役社長:髙橋 広行/以下、JTB)は、東京都オリンピック…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?