JTB、中国に情報新会社 テレビ番組連動型アプリサービス開始へ

  • 2017年5月18日

ベストニホンのロゴが入ったボードを手にする、JTBの坪井取締役(中央)や上海ベストニホンの立川常務副総経理(左端)ら

 JTBは4月27日、中国のメディア企業と新会社を設立し、訪日旅行者を対象にしたテレビ番組情報連動型アプリケーション情報サービス「最霓虹(ベストニホン)」を5月15日から開始すると発表した。訪日意欲の高い中国人の取り込みを図る。

 新会社は上海陶最霓虹网絡科技有限公司(上海ベストニホン、李翔総経理)で、上海でテレビ局などを手掛ける上海日欣文化伝媒有限公司(上海ルーセント、呂辰晔総経理)と共同運営する。出資比率は上海ルーセント65%、JTB10%、その他が25%。出資額などは明らかにしていない。

 上海ルーセントは日本文化を伝えるトレンド情報番組「東京印象」や「地方版印象シリーズ」などを放送、上海を中心に日本ファンを増やしている。毎週200万人程度が視聴しているという。

 ベストニホンは東京印象の視聴者をターゲットに実用情報を提供、訪日旅行の需要喚起を図る。着地型旅商品やチケット予約、渡航ビザ代行などを手掛けるほか、GPS機能付き店舗情報による中国人旅行者の来店喚起なども行う。

 JTBの坪井泰博取締役訪日インバウンドビジネス推進部長は同日の会見で、「(今回のサービスは)日中合作が大きな特徴であり、日中間の虹の架け橋、情報メディアとなることを期待している」と抱負を述べた。また、上海ベストニホンの立川幹規常務副総経理は「最新の日本の姿を伝え、日中の架け橋になることを目指す」と意欲を示した。

関連する記事

阪急交通社グループ(阪急交通社など3社)が17日発表した2016年度決算(17年3月期)は、営業収益が前年度比1・8%減の299億3800万円、営業利益は同6・4%減の6…

続きを読む

観光庁が19日に発表した主要旅行業49社の2月の旅行取り扱い状況(速報)は、総取扱額が前年同月比1・3%減の4087億5538万円だった。10カ月連続で前年割れした。内訳…

続きを読む

パムは22日、旅行予約サイト「たびらい」のサイトデザインを刷新したと発表した。同時に、九州専門の温泉宿予約サイト「温泉あらだいす九州」を「たびらい」にサービス統合した。詳…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?