JR西日本とするっとKANSAI、新サービスで合意

  • 2017年9月9日

記者会見でピタパカードを持つ室博・JR西日本執行役員営業本部長(右)とイコカカードを持つ西口進・スルッとKANSAI協議会会長

 JR西日本とスルッとKANSAI協議会は、さらなる相互の鉄道利用の利便性向上と一層の利用拡大を図る観点から、JR西日本でのPiTaPaカードによるチャージ(入金)不要のポストペイサービス(後払い)の導入について合意したとこのほど発表した。

 JR西日本とスルッとKANSAI協議会では、「ICカード乗車券を活用した連携サービス」に基づき、これまでIC連絡定期券の導入など各種連携サービスを実施してきた。

 PiTaPaカードは加盟各社で利用する際は、ポストペイサービスで利用されていた。相互利用が始まってからは、PiTaPaカード内にチャージすることでJR西日本を含む全国相互利用対象エリアでのPiTaPaカードの利用が可能となっていた。

 新たにJR西日本の近畿圏エリア(予定)でポストペイの利用をできるようにすることで、PiTaPaカード利用者は加盟各社の改札同様にポストペイサービスで運賃を支払うことができる。またPiTaPaカードが実施していた回数割引などの運賃割引サービスをJR西日本の近畿圏エリア(予定)内でも適用できるように検討する。

 導入時期は2018年秋を予定。JR西日本での導入エリアは近畿圏エリアを予定。

 スルッとKANSAI協議会は、近畿圏の私鉄や市営地下鉄、バス会社などが加盟する周遊券のネットワークで、乗車カードを基本にしたICカードのピタパカードを発行している。

関連する記事

NTTレゾナントは20日、旅行比較サイト「goo旅行」にAIを導入した。 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井昌宏、以下、NTTレゾナント…

続きを読む

スペースエージェントは運営する「民泊の窓口」で、現金最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンを開催している。 株式会社スペースエージェント(本社:東京都渋谷区、…

続きを読む

総務省はこのほど、サービス産業動向調査の6月分速報を公表した。同月の宿泊業の売上高は4060億200万円で、前年同月比6・1%増と、2カ月連続で増加した。サービス産業全体…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?