JR西、山陰線の新観光列車名は「〇〇のはなし」

  • 2017年6月21日

新観光列車「○○のはなし」のイメージ

 JR西日本は、9月から12月まで開催する「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」を契機に山陰線(新下関~下関~長門市~東萩駅)に新たな観光列車を導入する。その列車名を「○○のはなし」(まるまるのはなし)とこのほど発表した。

 列車名には、本州最西端で、響灘や日本海に面し、美しい海岸美が続く山陰線沿線には、日本と西洋をひき合わせた志士たちの歴史や文化、食などについて、さまざまな「はなし」が息づいていることに思いを込めた。

 外観イメージは、本州最西端の山口県(萩、長門、下関)に、日本と西洋をひき合わせるきっかけとなった歴史が息づくことにちなみ、「西洋に憧れた日本(洋)、西洋が憧れる日本(和)」をコンセプトに、2両別々のデザインとした。また外装には「洋と和をつないだ海」が2両にまたがり、この地の歴史を見守ってきた花として、「夏みかんの花」「ハマユウ」を各所にあしらった。

 内観イメージは本州最西端の響灘や日本海の海岸美を楽しめるように、窓枠を極力大型化したほか、海側を向いた座席を配置(ボックス席を除く)。沿線の自慢の品々が買える販売カウンターや、さまざまな「はなし」に出逢えるイベントスペースも設置した。

 快速列車(全車指定席)の2両編成で新下関~下関~長門市~東萩駅で1日1往復の運転。定員は60人(洋32人、和28人)。乗車券のほかに、指定席券が必要。運転開始日は8月5日。運転日は土曜日、日曜日、祝日。

関連する記事

JTBは10日、成田空港で初めてとなる訪日外国人旅行者向け店舗「成田国際空港第一ターミナルトラベルセンター」を開設した。 成田国際空港では、第1ターミナル中央ビル本館1…

続きを読む

日本旅行は、ファミマ・郵便局など全国3万2千カ所で、JRセットプランのチケットを受け取ることができるサービスを始める。 (株)日本旅行(本社:東京都中央区、代表取締役社長…

続きを読む

鉄道旅客協会が7月28日に発表した主要旅行業12社の今年6月の旅行取扱額は、前年同月比4・1%増の2886億2892万円だった。内訳は、国内旅行が1・7%増の1773億8…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?