鷲羽山下電ホテルとゆのごう美春閣、客室に無料スマホ導入

  • 2017年9月12日

客室に導入されたスマートフォン「handy」

 下電ホテル(永山久徳社長)の運営する「鷲羽山下電ホテル」(岡山県倉敷市、全101室)と、ホテルリゾート下電(同)の運営する「ゆのごう美春閣」(岡山県美作市、全85室)は1日、宿泊客が無料で使用できるスマートフォン「handy(ハンディ)」を全客室に導入した。旅館への導入は世界初。増加し続ける外国人宿泊客の利便性を高める。

 宿泊客は滞在中にハンディ端末を自由に室外・館外に持ち出し、国内・国際電話、インターネット接続を無料で使用できる。宿泊施設から同端末へリアルタイムに情報提供をすることもできる。

 ハンディジャパン(東京都港区)の勝瀬博則CEOは、「今後、日本独自の宿泊形態である『旅館』への展開を通して、日本のおもてなしを支援していきたい」とコメント。

 永山社長は「海外では一般的になりつつある『客室スマホ』を全国の旅館で初めて導入した。シティホテルよりも滞在時間の長い旅館ではさまざまな活用法が考えられるので、お客さまには積極的に活用していただきたい」と話している。

関連する記事

森トラストとヒルトンは、沖縄県瀬底島に建設する宿泊施設の契約の締結を発表した。 森トラスト株式会社(東京都港区、代表取締役社長:伊達 美和子)、ヒルトン・グランド・バケ…

続きを読む

J.D. パワー アジア・パシフィックは、2017年日本ホテル宿泊客満足度調査の結果を発表した。 ・朝食に満足した宿泊客は、ホテルの推奨意向が高い。 ・地元食材や特産品を…

続きを読む

グランドニッコー東京台場は、日本航空客室乗務員ハンドベル演奏を12月23、24日に開催する。 「東京を楽しむ東京をくつろぐ」ひとときをお届けするグランドニッコー東京 …

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?