長野県、外国人対応で電話通訳のコールセンター

  • 2017年7月11日

 長野県は1日、外国人観光客との円滑な会話をサポートするため、無料の電話通訳サービスの提供を始めた。県内の宿泊施設や飲食店、小売店、交通機関などをはじめ、県民誰でも利用できる。国土交通省北陸信越運輸局が実施する訪日外国人の受け入れ環境整備に向けた実証事業を活用したサービスで、来年3月30日まで実施する。

 名称は「NAGANO多言語コールセンター」。英語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語と、日本語との間の通訳サービスを提供する。24時間、無休で受け付ける。通話料、通訳料はかからない。

 例えば、外国人観光客が目の前にいるが、「何を言っているのか分からない」「商品・サービスを説明したい」「道順を教えたい」などの際にコールセンターに電話すれば、通訳してもらえる。

 また、旅館・ホテルなどが、海外にいる外国人に「宿泊予約の確認、説明がしたい」「忘れ物について連絡したい」などの場合にも、コールセンターに電話すれば、通話、通訳を依頼できる。この場合も国内の利用者側には、国際電話の通話料の負担はない。

 コールセンターの利用が想定される観光事業者は、事前に施設名や住所、発信する電話番号などを登録しておくと、円滑にサービスが受けられる。

 訪日外国人旅行者に対しても、県内の観光案内所などにポスターやリーフレットを設置して、コールセンターの利用について案内する。

 インバウンドの受け入れ環境の整備に向けた国の実証事業で、利用者にはアンケート調査などを行い、今後のコールセンターの設置、運営などに関する検討に生かす。

 コールセンターの番号は、TEL0120(691)792。事業に関する問い合わせは長野県観光部観光誘客課国際観光推進室TEL026(235)7248。

 観光庁の宿泊旅行統計調査によると、長野県の2016年の宿泊施設の外国人延べ宿泊者数は、前年比19・8%増の113万4940人泊だった。都道府県別では全国で12番目。国・地域別の構成比は、最多の台湾が34%、以下は中国13%、香港10%、豪州9%、タイ5%など。

関連する記事

ホテルズドットコムは18日、中国人旅行者の最新トレンドを発表した。「中国人が最も歓迎を受けたと感じた国ランキング」は、1位がタイ、2位が日本だった。発表内容の詳細は以下の…

続きを読む

富士急は15日、無料公衆無線LAN「FUJIYAMA Wi-Fi」の提供を始めた。 富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎、以下「富士急行」)とエヌ…

続きを読む

JTBは「東京ツーリストインフォメーションセンター有楽町」で、小学生を対象にした「英語でお仕事体験プログラム」を始める。 JTBグループの株式会社JTB首都圏(東京都品…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?