野口観光、伊達市・北湯沢の宿を改装オープン

  • 2017年5月17日

 野口観光グループ(本社北海道登別市)は、北海道伊達市の北湯沢温泉で運営する第二名水亭(10階建て、床面積約2万6千平方メートル)を改装し、「きたゆざわ森のソラニワ」として4月28日オープンした。

 ロビーやレストランを全面改装し、新たに野外アスレチック施設やウエディングレストランなどを設置。家族や若者層の利用を中心にしたホテルとし、北湯沢で運営する準高級路線の「緑の風リゾート」、低価格の「ホロホロ山荘」と違った展開を図ることにした。宿泊料金は従来通り。

 野外のアスレチック施設では、ホテルを囲む林の中に初心者から上級者用までの4コースを設け、ワイヤーを伝って滑空するジップラインも最長143メートルのものなど3本を作った。

 2階のレストランでは、スポーツ栄養学に基づく健康志向のメニューを中心に地元産の野菜やキノコ類を取り入れた料理を提供。目の前でシェフが調理するライブキッチンも設けた。また、子供たち用にハンモックやツリーハウス、菓子を運ぶミニSLも設置し、家族で楽しめるレストランとした。

 同社では秋以降に全230室の改修を行い、来年4月にグランドオープンを予定している。

関連する記事

ザ・リッツ・カールトン沖縄の新総支配人に佐々木 孝司氏の就任が決まった。 ザ・リッツ・カールトン沖縄は、2017年10月1日付で、2012年5月の開業以来、ホテルマネー…

続きを読む

SQUEEZEは、IoTを活用した宿泊特化型ファミリー向けホテル「Minn(ミン)- your second home」を開業した。 株式会社SQUEEZE (本社:東…

続きを読む

近畿日本ツーリスト協定旅館ホテル連盟関西連合会は5日、京都市南区の新・都ホテルで「第2回オール関西国内大商談会」を開いた。近旅連約100人、KNT―CTHDグループ会社の…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

アクセスランキング

まだデータがありません。

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?