観光施設など100ヵ所で音声翻訳アプリを活用~東北運輸局が実証実験

  • 2017年10月5日

 国土交通省東北運輸局は9月から、訪日外国人旅行者の受け入れ環境の整備に向けて、多言語音声翻訳アプリ「VoiceTra」(ボイストラ)を活用した実証実験に取り組んでいる。総務省東北総合通信局と連携した事業。東北6県の観光施設、旅館・ホテル、観光案内所など約100カ所で、施設スタッフと外国人旅行者のコミュニケーションにアプリを利用してもらい、その結果を今後の施策のあり方などに生かす。

 運輸局としては東北が全国に先駆けての実施となる。期間は来年2月まで。事業の狙いは、観光関係施設の接客スタッフの多言語対応の強化、多言語音声翻訳システムの普及促進、実証運用を通じたアプリの品質改良など。

 ボイストラは、総務省所管の情報通信研究機構が開発した多言語音声翻訳技術を生かしたアプリ。スマートフォンやタブレット(携帯情報端末)にダウンロードして利用できる。アプリで翻訳できる言語は現在、31言語。文章の入出力による翻訳だけでなく、英語、中国語、韓国語、タイ語などは、話しかけた音声が、翻訳された音声で出力される。

 観光拠点となる地域を中心に、実証実験に参加する事業者や団体を選定し、アプリの利用方法などに関する説明会も各県で開催した。一部の参加事業者などには、タブレットの貸し出しも行っている。

 実証実験に参加している事業者や団体、音声翻訳を受けた外国人旅行者、双方を対象にしたアンケート調査を実施する。アプリを利用した感想などを聞き、今後の施策に役立てる。

関連する記事

観光庁は11月29日、「スノーリゾート地域の活性化に向けたモデル事業」の支援先として、大雪カムイミンタラDMO(北海道)と、青森スノーアクティビティ活性化協議会(仮称、青…

続きを読む

観光庁が11月30日に発表した宿泊旅行統計調査の結果、今年9月の宿泊施設の延べ宿泊者数(第2次速報値)は、前年同月比0・1%増の4093万人泊となった。都道府県別では27…

続きを読む

経済産業省は11月30日、福島県の「奥会津昭和からむし織」など5品目を伝統的工芸品に指定したと発表した。これにより、伝統工芸品は230品目となる。観光面でも活用できそうだ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?