観光庁職員数、定員引き上げ要求~併任、出向含め300人体制へ

  • 2017年9月13日

 観光庁は、2018年度に向けた組織・定員要求で、職員の予算上の定員を現行の109人から、来年4月に200人に引き上げるように要望した。要求が認められれば、併任(兼任)や出向者などを合わせた職員数は約300人となる。

 現在の実際の職員数は、他省庁や国土交通省の他の部局との併任、地方自治体や民間企業からの出向を合わせて約260人。観光施策を強化するため、今年7月の人事異動に際して、併任、出向などで100人ほど増員されたが、予算上の定員も引き上げる。

関連する記事

観光庁は、旅館・ホテルの経営者などを対象にした生産性向上セミナーを全国10カ所で開催する。12日の北海道会場を皮切りに、来年1月の九州会場まで順次開催する。日本旅館協会が…

続きを読む

観光庁は、観光施策の新たな財源確保について議論する有識者会議「次世代の観光立国実現に向けた観光財源のあり方検討会」を設置し、15日に初会合を開いた。出国に際して旅行者に課…

続きを読む

旅行業者「てるみくらぶ」の経営破綻に伴う問題を受けて、観光庁の有識者会議「新たな時代の旅行業法制に関する検討会・経営ガバナンスワーキンググループ」(座長・山内弘隆一橋大学…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?