観光庁、阿蘇の観光需要喚起へ応援ツアーを実施

  • 2017年2月8日

 観光庁と熊本県は、熊本地震や火山噴火に関する風評被害を払拭し、阿蘇地域の観光需要を喚起するため、「阿蘇(中部・南部)応援ツアー」として、認定した旅行会社14社による旅行商品の割引販売を支援する。旅行期間は2月1日~3月20日で、1月26日から商品が順次販売されている。

 事業費は2億400万円で、このうち観光庁が1億5千万円、残りは県が負担する。

 阿蘇市、高森町、産山村、南阿蘇村、西原村への宿泊が条件。宿泊を伴う旅行商品では2万円以上の商品を対象に、25%の割引分を国、県で支援する。ただし支援の上限額は1万2500円。宿泊単品商品では1万円以上を対象に、支援する割引率は同じだが、上限額は1万円に設定。

 対象商品はモニターツアーとして参加者にアンケート調査を行い、今後の観光振興に生かす。

関連する記事

旅行業者「てるみくらぶ」の経営破綻に伴う問題を受けて、観光庁の有識者会議「新たな時代の旅行業法制に関する検討会・経営ガバナンスワーキンググループ」(座長・山内弘隆一橋大学…

続きを読む

観光庁は、旅行業者「てるみくらぶ」が多額の旅行申し込みを受けたまま経営破綻した問題の再発防止策として、第1種旅行業者を対象に弁済業務保証金制度を見直す。現行の分担金に加え…

続きを読む

環境省によると、食べ残しや売れ残りで食品を捨ててしまう「食品ロス」について考える初めての全国大会が10月末、長野県松本市で開かれる。パネルディスカッションでは宿泊施設の総…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

アクセスランキング

まだデータがありません。

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?