観光庁、宿泊施設のインバウンド対応補助金で公募

  • 2017年7月10日

 観光庁は6月28日、宿泊施設を対象に補助金を交付するインバウンド対応支援事業の2017年度予算分の公募を開始した。館内共用部の公衆無線LAN(Wi―Fi)の整備、トイレの洋式化などを支援し、外国人の受け入れ態勢の整備を促進する。募集の締め切りは7月31日。15年度補正予算で始まった事業で今回が第4弾となる。

 事業の正式名称は、宿泊施設インバウンド対応支援事業(訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金)。

 旅館・ホテルなど5事業者以上の宿泊事業者で協議会を設立し、外国人宿泊者数や稼働率の目標などを定めた「訪日外国人宿泊者受入体制拡充計画」を策定して申請。1事業者当たり経費の3分の1(上限額100万円)を支援する。

 補助対象の事業例は、(1)館内共用部のWi―Fiの整備(2)館内共用部のトイレの洋式化(3)自社ウェブサイトの多言語化(4)館内共用部のテレビ国際放送設備の整備(5)館内共用部の案内表示の多言語化(5)館内共用部の段差解消―など。客室部分の整備は今回の補助対象外となっている。

 過去に同じ事業で補助金を受けた実績がある宿泊事業者は、支援の対象外。

 申請の詳細は、観光庁のホームページまで。

 同事業は、15年度補正予算、16年度当初予算、16年度補正予算で過去3回実施している。第1~3弾の支援先の累計は318団体の2397事業者に上っている。

関連する記事

観光庁は、観光施策の新たな財源確保について議論する有識者会議「次世代の観光立国実現に向けた観光財源のあり方検討会」を設置し、15日に初会合を開いた。出国に際して旅行者に課…

続きを読む

旅行業者「てるみくらぶ」の経営破綻に伴う問題を受けて、観光庁の有識者会議「新たな時代の旅行業法制に関する検討会・経営ガバナンスワーキンググループ」(座長・山内弘隆一橋大学…

続きを読む

観光庁は、旅行業者「てるみくらぶ」が多額の旅行申し込みを受けたまま経営破綻した問題の再発防止策として、第1種旅行業者を対象に弁済業務保証金制度を見直す。現行の分担金に加え…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?