観光庁、「アニメツーリズム」「忍者ツーリズム」など13件を支援

  • 2017年5月15日

 観光庁はこのほど、2017年度の「テーマ別観光による地方誘客事業」の支援先を発表した。16年度から継続して選定した6件に加え、アニメのロケ地“聖地”を巡るアニメツーリズムなど新規に7件を選定。地方への誘客につながる計13件の取り組みを支援する。

 共通する観光テーマの下で、複数の地域のネットワーク化を促進。情報発信や周遊プランの策定、モニターツアーの催行など、協議会を設立して取り組む事業を国費で支援する。16年度に始まった事業で、17年度予算額は1億5100万円。

 16年度から継続して支援するテーマ(カッコ内は協議会の代表者)は、エコツーリズム(日本エコツーリズム協会)▽街道観光(全国街道交流会議)▽酒蔵ツーリズム(アサツーディ・ケイ)▽社寺観光巡礼の旅(全日本社寺観光連盟)▽明治日本の産業革命遺産(産業遺産国民会議)▽ロケツーリズム(地域活性プランニング)。

 17年度から新規に支援するテーマ(同)は、アニメツーリズム(アニメツーリズム協会)▽古民家などの歴史的資源(READYFOR)▽サイクルツーリズム(ウィズスポ)▽全国ご当地マラソン(パワーフロンティア)▽日本巡礼文化発祥の道(西国三十三所札所会)▽忍者ツーリズム(日本忍者協議会)▽百年料亭(ランドスタッフ)。

 17年度の支援先は全国からの応募37件の中から選定した。

関連する記事

国際機関ICCA(本部=オランダ・アムステルダム)がまとめた国際会議統計(暫定値)によると、2016年の国際会議の開催件数は、日本が前年比55件増の410件だった。日本の…

続きを読む

観光庁は、2016年度に実施した調査事業の成果として、国際会議の開催がもたらす経済波及効果を初めて算出した。15年に国内で開催された一定の基準を満たす国際会議2847件の…

続きを読む

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?