観光庁、「アニメツーリズム」「忍者ツーリズム」など13件を支援

  • 2017年5月15日

 観光庁はこのほど、2017年度の「テーマ別観光による地方誘客事業」の支援先を発表した。16年度から継続して選定した6件に加え、アニメのロケ地“聖地”を巡るアニメツーリズムなど新規に7件を選定。地方への誘客につながる計13件の取り組みを支援する。

 共通する観光テーマの下で、複数の地域のネットワーク化を促進。情報発信や周遊プランの策定、モニターツアーの催行など、協議会を設立して取り組む事業を国費で支援する。16年度に始まった事業で、17年度予算額は1億5100万円。

 16年度から継続して支援するテーマ(カッコ内は協議会の代表者)は、エコツーリズム(日本エコツーリズム協会)▽街道観光(全国街道交流会議)▽酒蔵ツーリズム(アサツーディ・ケイ)▽社寺観光巡礼の旅(全日本社寺観光連盟)▽明治日本の産業革命遺産(産業遺産国民会議)▽ロケツーリズム(地域活性プランニング)。

 17年度から新規に支援するテーマ(同)は、アニメツーリズム(アニメツーリズム協会)▽古民家などの歴史的資源(READYFOR)▽サイクルツーリズム(ウィズスポ)▽全国ご当地マラソン(パワーフロンティア)▽日本巡礼文化発祥の道(西国三十三所札所会)▽忍者ツーリズム(日本忍者協議会)▽百年料亭(ランドスタッフ)。

 17年度の支援先は全国からの応募37件の中から選定した。

関連する記事

旅行業者「てるみくらぶ」の経営破綻に伴う問題を受けて、観光庁の有識者会議「新たな時代の旅行業法制に関する検討会・経営ガバナンスワーキンググループ」(座長・山内弘隆一橋大学…

続きを読む

観光庁は、旅行業者「てるみくらぶ」が多額の旅行申し込みを受けたまま経営破綻した問題の再発防止策として、第1種旅行業者を対象に弁済業務保証金制度を見直す。現行の分担金に加え…

続きを読む

環境省によると、食べ残しや売れ残りで食品を捨ててしまう「食品ロス」について考える初めての全国大会が10月末、長野県松本市で開かれる。パネルディスカッションでは宿泊施設の総…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

アクセスランキング

まだデータがありません。

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?