観光宿泊旅行が低調、実施率は過去最低に 「じゃらん宿泊旅行調査2017」

  • 2017年8月11日

 じゃらんリサーチセンター(沢登次彦センター長)が7月26日、自治体観光担当者などを対象に行った「観光振興セミナー2017(東京会場)」で、「『じゃらん宿泊旅行調査2017』最新データと分析結果」を発表した。2016年度(16年4月~17年3月)の日本国内の観光を目的にした宿泊旅行は、実施率が04年度の調査開始以降で過去最低で、実施者の平均旅行回数も、延べ宿泊数も前年度に比べて減少した。

 宿泊旅行実施率は前年度(15年度)の56・4%から16年度は54・8%に下降した。実施者の平均旅行回数は2・86回から2・77回に、延べ宿泊数は2億6903万人泊から2億5308万人泊に減少した。

 性・年代別の宿泊旅行実施率について沢登センター長は「すべての属性で前年度から減少。05年度と比較すると11・3ポイント減少し、若年層よりもミドル層以上における減少幅が大きい」と説明した。減少幅が最も大きかったのは50~79歳の女性で、69・7%から55・6%となり、14・1ポイントの減少。減少幅が最も小さかったのは20~34歳の女性で、66・7%から60・3%となり、6・4ポイントの減少だった。

 都道府県別の延べ宿泊旅行者数(16年度推計値)を上位10位以内について見ると、1位東京都1527万人(前年度比148万人減)、2位北海道988万人(同81万人減)、3位静岡県723万人(同25万人減)、4位神奈川県708万人(同19万人減)、5位大阪府697万人(同79万人減)、6位長野県671万人(同138万人減)、7位京都府618万人(同7万人減)、8位千葉県564万人(同56万人減)、9位兵庫県484万人(同76万人減)、10位福岡県480万人(同27万人減)。

 また、47都道府県で延べ宿泊旅行者数が前年度から増えたのは8県のみだった。8県の増加率は、佐賀県が16・0%、福井県が11・5%、茨城県が10・0%、栃木県が8・8%、岐阜県が5・5%、香川県が2・2%、鳥取県が0・5%、沖縄県が0・1%。

 じゃらん宿泊旅行調査は、今年で13回目。日本全国で行われている観光宿泊旅行の動向を調べ、毎年7月に発表している。出張、帰省、修学旅行などを除いた観光宿泊旅行に特化した調査となっている。

関連する記事

はとバスは、2017年度秋期の新商品を発表した。 株式会社はとバス(東京都大田区/代表取締役社長中村靖)は、2017年度秋期(2017年9月~12月)の東京観光バスツア…

続きを読む

JTBは10日、成田空港で初めてとなる訪日外国人旅行者向け店舗「成田国際空港第一ターミナルトラベルセンター」を開設した。 成田国際空港では、第1ターミナル中央ビル本館1…

続きを読む

日本旅行は、ファミマ・郵便局など全国3万2千カ所で、JRセットプランのチケットを受け取ることができるサービスを始める。 (株)日本旅行(本社:東京都中央区、代表取締役社長…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?