群馬県高崎市、古き旨きローカルめし特化型グルメサイト 「絶メシリスト」を開設

  • 2017年9月30日

 群馬県高崎市は、古き旨きローカルめし特化型グルメサイト 「絶メシリスト」を開設した。

 群馬県高崎市(以下、高崎市)は、長年愛され、失うには惜しすぎる高崎市の絶品ローカルグルメを絶やさないために高崎市に点在する“古き旨きローカルグルメ”に特化したグルメサイト 『絶メシリスト』 を、世界各国で観光推進活動が行われる2017年9月27日(水)の「世界観光の日」にオープン致しました。
【WEBサイト:https://zetsumeshi-takasaki.jp

 安くて旨いローカルめし、地元に愛される名物店主…この高崎市ではかつてはそんな個人経営の飲食店が点在し、街を賑わせていました。しかし、時代の流れとともに、そんな古き旨きローカル店は減少の一途を辿っています。『絶メシリスト』とは、高崎市民の皆様から頂いた、そんな失うには惜しく、絶やしてはならないと思う高崎の絶品グルメ情報の中から、プロのグルメライターで編成した『絶メシ調査隊』が厳選した「絶メシ」を紹介する高崎市オリジナルのローカルグルメサイトです。

 本サイトには、絶メシ調査隊が厳選した「絶メシ」を紹介する他に、長年こだわり抜かれた「絶メシ」の門外不出レシピの紹介や、『絶メシリスト』掲載店の将来的な後継者・インターン生の募集、絶やしてはならない“絶メシ店”のタレコミ情報投稿など、様々な機能があります。

 日本では、飲食店を含むサービス業の後継者不在率は、66.1%となっており、他業種よりも高い数値となっています。また、1947年~1950年生まれの団塊世代が70歳を迎え、団塊世代経営者が営む後継者不足状態の中小・零細企業の廃業数が急増するとされている「2017年問題」‬など、後継者不足が社会問題となっております。

 高崎市は、この「絶メシ」プロモーションを通じて、これまで光が当たりにくかった古き旨きローカル店を再び活性化し、高崎市のまち全体を盛り上げていきます。絶やすな!絶品高崎グルメ!『絶メシリスト』

■『絶メシリスト』とは?

 

 『絶メシリスト』とは、高崎市民の皆様から頂いた、失うには惜しく、絶やしてはならないと思う高崎の絶品グルメ情報の中から、プロのグルメライターたちで編成した『絶メシ調査隊』が厳選した「絶メシ」を紹介する高崎市オリジナルのローカルグルメサイトです。
本サイトには、絶メシ調査隊が厳選した「絶メシ」を紹介する他に、長年こだわり抜かれた「絶メシ」の門外不出レシピの紹介や、『絶メシリスト』掲載店の将来的な後継者・インターン生の募集、絶やしてはならない“絶メシ店”のタレコミ情報投稿など、様々な機能があります。

【WEBサイト:https://zetsumeshi-takasaki.jp

■『絶メシリスト』の判断基準
 『絶メシリスト』は、下記の要素を中心に総合的に判断・選定し、認められたものを高崎市の「絶メシ」として紹介しています。

●家族、もしくは少人数で営業している個人経営である(非チェーン店)
●昭和の空気を感じさせる歴史がある
●後継者問題を抱えている、もしくは後継者問題を抱えていそうである
●この店でしか味わえない絶品料理、雰囲気がある
●地元高崎市民に愛されている
●インターネット検索に出てこない、もしくはあまり情報がない

<絶メシリスト> 

 

 

<絶メシレシピ> 

<後継者・インターン募集> 

<タレコミ投稿> 

■『絶メシリスト』の開発背景

①国内の休廃業・解散の外食事業者の半数以上が「60代以上」
 帝国データバングが2017年3月に発表した『外食産業 「休廃業・解散」 動向調査』によると、2016年に「休廃業・解散」となった外食事業者の代表者の年齢別推移は、「60 代」が 109 件(構成比 30.9%)で最も多く、「70 代」が70 件(構成比 19.8%)、 「50 代」が63 件(構成比 17.8%)となりました。「70 代」の構成比は、2012 年以降の 5 年間で最も高くなっており、外食事業者の代表者の過半数が高齢化していることが分かります。外食事業者の休廃業・解散の原因の1つに代表者の高齢化があることが推測できます。

出典:外食産業 「休廃業・解散」 動向調査(帝国データバンク)
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p170302.pdf

②中小・零細企業を営む団塊世代の高齢化と「2017年問題」
 現在、1947~1950年生まれの団塊世代経営者が70歳を迎えます。その結果、団塊世代経営者が営む中小・零細企業の廃業が急増することにより、労働力人口が低下する「2017年問題」に注目が集まっています。
現在の経営者の平均年齢は、61.19歳となっており、休廃業、解散件数は、29,583件と過去最高を記録しております。2017年は、団塊世代経営者が70歳を迎えることから、休廃業、解散件数が増加することが見込まれています。

出典:「休廃業・解散企業」動向調査(東京商工リサーチ)
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20170119_01.html

■『絶メシリスト』告知ポスター(※ポスターは全13種あり、webサイトでご覧頂けます)

■富岡賢治 高崎市長コメント

 高崎市には、昔から魅力的なローカルグルメがたくさん存在します。その中でも長年、市民の皆様に愛され続ける老舗のローカルグルメも多く存在しています。しかし一方で、地方における社会課題でもある、後継者や若い働き手不足により、そんな愛すべきローカルグルメたちが次々になくなってきているのも事実です。
そのような状況の中、高崎市では長年愛され、失うには惜しい古き旨き絶品ローカルグルメを絶やしてはいけないという思いから、高崎市のグルメの“新しさ”に着目するのではなく、その“伝統”に着目し、今回のシティプロモーションを実現することに至りました。
高崎の絶品グルメを絶やさないことを目的にした『絶メシリスト』の取り組みは、高崎市だけではなく、あらゆる地方において、ローカルが持つ「食の魅力」を将来へとつなげる仕組みに発展できる可能性も秘めていると考えております。ぜひこれからの食欲の秋となるシーズンには、実際に高崎市に足を運んで頂き、市民のみなさまが絶やしたくない高崎のローカル絶品グルメ「絶メシ」を楽しんで行ってください。

■『絶メシリスト』の今後の展開に関して
 『絶メシリスト』では、高崎市のローカル絶品グルメの魅力を広げていくために、随時、『絶メシリスト』の掲載店舗を増やすと共に、こうした古き旨きローカルグルメがこれからも残り続ける取り組みを展開する予定です。

関連する記事

2020年東京パラリンピックの開幕まで千日となった11月29日、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と東京都は、東京スカイツリー(東京都墨田区)でカウントダ…

続きを読む

体験型観光の振興に取り組んでいる全国組織「全国ほんもの体験ネットワーク」(藤澤安良会長)の第22回総会が2日、山口県周防大島町で開かれ、全国から92人が参加した。 イン…

続きを読む

沖縄でマリンレジャーを楽しむ人に各種のサービスを提供する優良事業者(店舗)の認証制度を一般財団法人沖縄マリンレジャーセイフティービューロー(OMSB)が創設する。同県に約…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?