群馬県、経産省に温泉マークの存続を要望

  • 2017年1月7日

経産省国際標準課の藤代課長(左)に要望書を渡す温泉協会の岡村会長

 経済産業省が案内用図記号の見直しの一環で温泉マークの変更を検討していることに対して、群馬県は12月22日、現行マークの存続を求める要望書を同省に提出した。

 県観光物産課の吉田功幸課長、県観光物産国際協会の野口勤専務理事、県温泉協会の岡村興太郎会長が同省を訪れ、岡村会長が同省国際標準課の藤代尚武課長に要望書を手渡した。

 温泉マークは3本の湯気が立ちのぼるものがおなじみだが、安中市の磯部温泉が「温泉記号発祥の地」として情報発信している。県は現状の温泉マークは広く親しまれ、既に定着していることから、国内有数の「温泉県ぐんま」の立場からマークの存続を要望した。

 同省は現在のマークは外国人に「温かい料理を出す施設」として受け止められる恐れがあるとして、人の姿が入る国際規格に変更する考えを示していた。

 しかし、温泉関係者らの存続を求める声も強いことから、国際規格と現在の温泉マークを存続させる案が検討されているもようだ。

経産省国際標準課の藤代課長(左)に要望書を渡す温泉協会の岡村会長

関連する記事

観光庁、内閣官房、内閣府はこのほど、日本版DMO(観光地域マネジメント・マーケティング組織)の確立をインターネットを介して支援する「DMOネット」(https://www…

続きを読む

国土交通省はこのほど、「景観まちづくり刷新モデル地区」として全国から10地区を指定した。政府初の景観の“面的な整備”に着目した公共予算、景観まちづくり刷新支援事業で3年間…

続きを読む

観光庁はこのほど、日本版DMO(観光地域マネジメント・マーケティング組織)の確立を支援する候補法人の登録制度で、第8弾として11法人(設立予定含む)を登録した。今回の登録…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?