由布院温泉、風評被害払拭へ説明会

  • 2017年10月12日

観光協会の桑野会長

 由布院温泉観光協会(大分県、桑野和泉会長)は9月22日、東京都内で観光説明会を開いた。九州北部豪雨の風評で宿泊客が減少傾向にある中、温泉地の正しい状況を伝え、客足の回復を図ろうという取り組み。桑野会長ら13人のメンバーが、温泉地に直接の被害がないことや、観光に関わる現地の最新事情を説明した。

 由布院は昨年の熊本地震でも風評被害を受けたが、「九州ふっこう割」の影響で客足が早く回復した。ただ、今回は回復が遅いという。

 対策のため、大分空港を利用する遠方からの客を呼び込もうと、空港―由布院間のバスの便数を増やすよう関係者に働きかけたところ、増便が実現した。

 JR博多駅から由布院までのアクセスの一つ、特急「ゆふいんの森」は久大本線の一部区間が不通のため、小倉、大分経由で運転中。

 JR由布院駅前では新しい観光案内所を現在建設中。建築家の坂茂氏の設計で、来年3月の完成を予定している。

 桑野会長は「今、由布院は朝霧と、銀色に輝くすすきが美しい。由布院本来の姿を多くの人に知ってもらうことで、風評被害の回復につながれば」と述べた。

関連する記事

沖縄でマリンレジャーを楽しむ人に各種のサービスを提供する優良事業者(店舗)の認証制度を一般財団法人沖縄マリンレジャーセイフティービューロー(OMSB)が創設する。同県に約…

続きを読む

観光予報プラットフォーム推進協議会(事務局・日本観光振興協会)は11月29日、年末(12月29~31日)の観光予報(混雑度)を発表。それによると、山形、東京、大阪でかなり…

続きを読む

うるおい日本が主催し、内閣、環境、経済産業、観光の4府省庁が後援する、国民参加型の地域活性化プロジェクト「温泉総選挙2017」の表彰式が4日、東京・秋葉原で行われ、環境大…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?