生衛業の従業員確保、4割弱の企業が「しにくくなった」

  • 2017年3月20日

 日本政策金融公庫はこのほど、ホテル・旅館、飲食など生活衛生関係営業の雇用動向に関する調査を行った。1年前と比べた従業者の確保を巡る環境は「確保しにくくなった」割合が36・1%と、2008年の調査開始以来、最高となった。業種別では、ホテル・旅館業が60・2%と、9業種の中で最も高くなっている。

 ホテル・旅館業の「確保しにくくなった」割合の推移を見ると、2012年から16・0%、40・4%、47・0%、52・3%、60・2%と年々上昇している。

 「確保しにくくなった」割合が高い業種はほかに、映画館の50・9%、食肉・食鳥肉販売業の40・9%、飲食業の40・0%など。

 従業者の確保がしにくくなった理由(複数回答)は、「新規に募集をしても応募が少ない」(81・3%)、「新規募集の際に、求められる待遇面(給与、休暇等)の水準が高い」(38・3%)、「新規に雇用した者が定着せずに辞めてしまう」(31・9%)、「新規募集の際に、応募はあるものの、意欲・能力等の面で求める人材が少ない」(30・1%)など。
 従業者の過不足感は、ホテル・旅館業で「不足」が64・8%、「適正」が34・7%、「過剰」が0・6%。生活衛生業全体では「不足」が38・8%、「適正」が57・2%、「過剰」が4・0%。

 ホテル・旅館業の「不足」の割合は、2012年から29・3%、47・0%、51・8%、57・0%、64・8%と、「確保しにくくなった」割合と同様に年々上昇している。

 1年前と比べた従業者の増減動向は、ホテル・旅館業で「減少」が27・3%、「変わらない」が60・2%、「増加」が12・5%。

 生活衛生業全体は、「減少」が18・0%、「変わらない」が76・8%、「増加」が5・2%。

 従業者の減少理由(複数回答)は「離職者の補充人員を募集したが採用できず」が61・4%、増加理由(同)は「将来の人手不足への備え」が51・9%と、それぞれ最も高くなった。

関連する記事

住宅宿泊事業法(民泊新法)が通常国会で成立したことを受け、民泊ビジネスが勢いづいている。世界的な民泊仲介サイト、エアビーアンドビーが日本でテレビCMを開始したほか、楽天が…

続きを読む

福利厚生代行サービスのリロクラブは18日、会員専用サイトの多言語表示を始めた。 福利厚生アウトソーシングサービスのトップカンパニーである株式会社リロクラブ(東京都新宿区…

続きを読む

人手不足に頭を悩ます企業が増えているが、日本商工会議所の調査で、中小企業の6割以上が「不足している」と答えていることが分かった。前年比5ポイント増で、「調査を開始してから…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?