東武トップツアーズ、情報セキュリティ対策室設置へ

  • 2017年3月19日

 東武トップツアーズは4月1日付で組織改正を行い、「情報セキュリティ対策室」(CSIRT)を新設する。経営戦略と全社事業の方向性を策定推進する部門として「経営戦略部」も設置する。

 情報セキュリティ対策室の新設で、情報セキュリティのインシデント発生時の対応強化を図る。

 経営戦略部は、経営管理部の実施していた経営計画策定、予算管理、リスク管理、広報などの業務と営業統括部で行っていた計数管理や中期経営計画推進業務を統合。新規事業の展開や業務提携などを戦略的に取り組む。

 また、企画仕入本部所管に「事業企画部」を新設し、法人営業本部所管のマーケット開発部の機能を移管する。「モノ消費」から「コト消費」へのマーケットの動きや、将来的な消費者ニーズの変化を捉え、柔軟に対応できる商品造成体制の強化を図る。マーケット開発機能と企画仕入本部の全国ネットワークを機能的に連携させることで、地方創生や訪日外国人旅行者のニーズなどにも弾力的に対応できる新規事業の企画を推進する。

 営業統括部所管の個人旅行推進プロジェクトと個人営業本部所管のカウンター営業部、メディア営業部を個人営業本部に統合。意思決定の迅速化を図り、顧客ニーズに迅速、柔軟に対応ができる体制を整備する。

 ビジネスサポート営業部の名称を「ビジネスサポート事業部」に変更。商品やサービスの企画から販売、提供までを一貫して行っている部署であることがその理由。

関連する記事

KNT―CTホールディングス(HD)は9日、2018年3月期の第2四半期(17年4月1日~9月30日)決算短信を発表した。連結業績は売上高が前年同期比2・7%増の2089…

続きを読む

高級宿泊予約サイト「リラックス」は、会員登録数が100万人を突破したと発表した。 一流ホテル・旅館の宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」(https://rlx…

続きを読む

エボラブルアジアは、横浜銀行・四国銀行・京葉銀行と業務提携した。 One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?