来年4月から栃木DC、鬼怒川流域で準備着々

  • 2017年7月17日

DC推進協議会の全体会であいさつする波木恵美会長

 来年4月1日から6月30日に開催される栃木デスティネーションキャンペーン(栃木DC)の準備を進めている「鬼怒川・川治・湯西川・川俣・奥鬼怒DC推進協議会」(会長=波木恵美・鬼怒川グランドホテル夢の季社長)は10日、第2回全体会を東武鉄道鬼怒川温泉駅前の日光市役所藤原公民館で開いた。今年4~6月に実施したプレDCの反省会と本DCに向けた事業内容の検討、今後のスケジュール確認などを行った。栃木県、日光市、JR東日本、東武鉄道の観光担当者も勢ぞろいした。

 DCは、JRグループ6社と地域が協働で取り組む、国内最大規模の観光キャンペーン。同協議会は、日光市鬼怒川、湯西川の旅館・ホテルの経営者らが中心となり、鬼怒川流域の観光関係者だけでなく、学校、警察、消防、銀行、自治会、漁協など約60団体が参加して、昨年7月4日に発足した。

 波木会長は「本協議会は地域住民が一丸となって、地域の未来のために取り組む組織だ。本番DCに向けて、またDC以外の課題にも結束して進んでいきたい」と述べ、観光業の枠を超えて地域の団体が参加している同協議会の意義を強調した。

 来賓としてあいさつした栃木県産業労働観光部の永井洋参事は「今、県内の各協議会、各分科会で、本DCに向けたプレDCの成果検証と反省会を行っているが、DC後にレガシーを残すためにも大変重要な活動だ。食、文化、歴史、自然、生活、産品、祭りなどの観光素材をさらにブラッシュアップして魅力ある観光商材につくり上げてほしい」と述べた。

 その上で永井参事は栃木DCに対する県のバックアップ態勢を説明。「旅行会社は来年上期の旅行商品の造成を9~10月に始める。県は皆さまの観光商材を旅行会社に商品化してもらうための情報提供や促進事業を本年度下期に行う。またエンドユーザーに対するPRも積極的に行っていく」と話した。

関連する記事

2011年から観光マーケティングを実践し、観光客と宿泊客がアップしている下呂温泉(岐阜県下呂市)。昨年度は国が進める日本版DMO候補法人に登録され、従来の下呂温泉観光協会…

続きを読む

福井県越前町は、「越前町よりどり海土里(みどり)観光パスポート2017」を販売開始した。  【価格】1冊1000円(税込) 【販売場所】道の駅越前内越前町観光案内所 【有…

続きを読む

国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所は10月5日、奈良市のホテル日航奈良で、食文化(ガストロノミー)を通した持続可能な観光・国際交流の可能性を探る観光セミナーを開催す…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?