昨年の訪日クルーズ旅客数、8割増で過去最高

  • 2017年2月14日

 国土交通省港湾局はこのほど、2016年の訪日クルーズ旅客数の動向(速報)を発表した。訪日クルーズ旅客数は前年比78・5%増の199万2千人、クルーズ船の日本への寄港回数は同38・8%増の2018回となり、いずれも過去最高を記録した。

 クルーズ船の港湾別の寄港回数は、1位は博多港328回(前年1位259回)、2位は長崎港197回(同2位131回)、3位は那覇港193回(同4位115回)、4位は横浜港128回(同3位125回)、5位は神戸港104回(同5位97回)。

 外国船社が運航するクルーズ船の日本への寄港回数は、中国からのクルーズ船の増加などから、過去最高の1444回(前年965回)。日本船社の寄港回数は574回(同489回)だった。

 国土交通省では、政府が策定した観光政策の計画「明日の日本を支える観光ビジョン」(16年3月30日)に掲げられた目標である「訪日クルーズ旅客を2020年に500万人」の実現に向け、クルーズ振興に取り組んでいる。

関連する記事

国土交通省は、住宅を活用した宿泊サービスを条件付きで解禁する民泊法案を3月上旬に国会に提出する予定だ。観光庁の田村明比古長官は15日の専門紙向け会見で、民泊法案が閣議決定…

続きを読む

観光庁は7日、酒蔵ツーリズム、街道観光、社寺観光など、共通するテーマで誘客を目指す地域のネットワーク化を進め、情報発信などを後押しする2017年度「テーマ別観光による地方…

続きを読む

環境省は7日、第12回「エコツーリズム大賞」に谷川岳エコツーリズム推進協議会(群馬県みなかみ町)の取り組みを選んだと発表した。表彰式は15日、東京・霞が関の同省で行われた…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第30回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2017年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「地域内の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第30回「にっぽんの温泉100選」発表!(2016年12月17日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2016年度「5つ星の宿」発表!(2016年12月17日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?